【世界一周航空券】値段・ルールなど完全解説!アライアンス別シュミレーションやメリット・デメリットもご紹介

その他

ーPRー

旅行好きの方なら”一度は憧れる”「世界一周旅行」

やってみたいけど「お金」「時間」が・・・と思ってるいる方、世界一周は意外と

手の届く範囲「航空券買える」

知っていますか?????

それが、今回ご紹介する

「世界一周航空券」

これを使えば”ボーナス程度の金額”で、「世界一周」が可能

「世界一周航空券」は航空会社連盟(=以下アライアンス)別に【販売】されています

  • 「ワンワールド」
  • 「スターアライアンス」
  • 「スカイチーム」(現在中止中)

本記事では以下のことを、学ぶことができます!

【参考本】

以下を参考に記事を書いています↓

  1. 【アライアンス】世界三大アライアンス説明
  2. 【値段】座席クラス別の金額
  3. 【メリット・デメリット】各アライアンスの特徴
  4. 【ルール】世界一周航空券における基本的なルール
  5. 【シュミレーション】3大アライアンス別世界一周ルート

【航空券値段&特徴】こちらのみ”知りたい方“は

それぞれまで記事を飛ばして、読んでくださいね!

\UAマイルはスターアライアンス/

【スターアライアンス】マイルがどんどんたまる!「UAマイル」マイレージプラスがおすすめ!詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site
  1. 【世界三大アライアンス】スターアライアンス・ワンワールド・スカイチームのご紹介!
    1. 【スターアライアンス】ANAが加盟ー”航空会社”が最も多いアライアンスー
    2. 【ワンワールド】JALが加盟ー”ファーストクラス”最も多いアライアンスー
    3. 【スカイチーム】日本では馴染みが薄いー中国系は強いー
  2. 【値段】世界一周航空券”最安値”だと「ボーナス程度」で購入できる!
  3. 【スターアライアンス】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー
    1. 【料金】STAR1(29,000マイル以内)
    2. 【料金】STAR2(34,000マイル以内)
    3. 【料金】STAR3(39,000マイル以内)
  4. 【ワンワールド・エクスプローラー:大陸】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー
    1. 【料金】3大陸
    2. 【料金】4大陸
    3. 【料金】5大陸
    4. 【料金】6大陸
  5. 【グローバル・エクスプローラー:マイル】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー
    1. 【料金】29,000マイル以内
    2. 【料金】34,000マイル以内
    3. 【料金】39,000マイル以内
  6. 【スカイチーム】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー(現在停止中)
    1. 【料金】SKY4(26,000マイル以内)
    2. 【料金】SKY3(29,000マイル以内)
    3. 【料金】SKY2(33,000マイル以内)
    4. 【料金】SKY1(38,000マイル以内)
  7. 【料金一覧表】スターアライアンス・ワンワールド・スカイチーム値段比較
  8. 【ビジネスクラス】世界一周を「快適」にするポイントは”機内空間”だけじゃない!
    1. 【優先順位】あなたは”どこが一番”行きたい⁈
  9. 【ルール】「ストップオーバー」「オープンジョー」活用しよう!ー最大16区間搭乗可能ー
    1. 【ストップオーバー(途中降機)】効率よく旅行する方法①
    2. 【オープンジョー】効率よく旅行する方法②
    3. 【乗継】効率よく旅行する方法③
    4. 【16区間】世界一周航空券は「最大移動回数」が決まっている
    5. 【予約・ルート変更】便や日にち変更は「無料」ルート変更は「125ドル」
    6. 【旅行期限】1年以内だが、一度”自費”で戻って「再開」することができる!
  10. 【各アライアンス特徴】あなたはどれに乗りたい⁈
    1. 【YouTuberおのだ】ワンワールド・エクスプローラー 「ファーストクラス」
  11. 【モデルコース】アライアンス別に「世界一周シュミレーション」します!
    1. 【スターアライアンス】世界一周堂シュミレーション
    2. 【ワンワールド(大陸別)】世界一周堂シュミレーション
    3. 【ワンワールド(マイル別)】世界一周堂シュミレーション
    4. 【スカイチーム】世界一周堂シュミレーション
  12. 【まとめ】夢は”実現”可能!あなたも「世界一周」しませんか⁈

【世界三大アライアンス】スターアライアンス・ワンワールド・スカイチームのご紹介!

【世界三大アライアンス】世界一周航空券では、【各アライアンスごとに販売】されており、日本には「スカイチーム」は存在しません…

  • JAL:「ワンワールド」
  • ANA:「スターアライアンス」

順番に【特徴】解説します

【スターアライアンス】ANAが加盟ー”航空会社”が最も多いアライアンスー

【スターアライアンス】「ANA」を始め「ユナイテッド航空」「タイ国際航空」などがあり、三大アライアンスの中で

「最も加盟が多い」

これにより、色々な世界一周【ルート】を組むことが可能です

加盟航空会社はこちら

2022年1月現在:スターアライアンスメンバー
エーゲ航空エアカナダエアチャイナエアインディアニュージーランド航空ANAアシアナ航空
オーストリア航空アビアンカ航空ブリュッセル航空コパ航空クロアチア航空エジプト航空エチオピア航空
エバー航空LOTポーランド航空ルフトハンザ航空スカンジナビア航空深セン航空シンガポール航空南アフリカ航空
スイス航空TAPポルトガル航空タイ航空ターキッシュエアラインズユナイテッド航空
全26社加盟

これらは一部を除き【ANAマイル】でも搭乗も可能

\国内ANA便もUAマイルで乗れる/

【ワンワールド】JALが加盟ー”ファーストクラス”最も多いアライアンスー

【ワンワールド】「JAL」をはじめ「アメリカン航空」や「カタール航空」などがありま

三大アライアンスの中で

ファーストクラス機材が多い

アライアンスメンバー

加盟航空会社はこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5d43d21281feccb34d85487c13f948cf-1024x198.jpg
2022年1月現在:ワンワールドメンバー
アラスカ航空アメリカン航空ブリティッシュ・エアウェイズキャセイパシフィック航空
フィンエアーイベリア航空JALマレーシア航空
カンタス航空カタール航空ロイヤル・エア・モロッコロイヤル・ヨルダン航空
S7航空スリランカ航空フィジーエアウェイズ
全14社加盟

ちなみ・・・「ファーストクラス」は消滅しつつあります。乗りたい方は早めに搭乗することをおすすめします。

【スカイチーム】日本では馴染みが薄いー中国系は強いー

【スカイチーム】日本には存在せず「デルタ航空」や「チャイナエアライン」などがあります

スカイチームの特徴は、クレジットカードをもっているだけ

「上級ステータス」になれます

また”中国の航空会社”が多いのも特徴

加盟航空会社はこちら

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e92f08f9a278fdb359b9c6b1d9fb4f80-1024x198.jpg
2022年1月現在:スカイチーム
アエロフロート航空アルゼンチン航空アエロメヒコ航空エア・ヨーロッパ
エア・フランスアリタリア航空チャイナエアライン中国東方航空
チェコ航空デルタ航空ガルーダ・インドネシア航空ケニア航空
KLMオランダ航空大韓航空ミドル・イースト航空サウジアラビア航空
タロム航空ベトナム航空厦門航空
全19社加盟

【上級ステータス】なると”さまざまな特典”が受けられます

【値段】世界一周航空券”最安値”だと「ボーナス程度」で購入できる!

【世界一周航空券の値段】以下”2つの条件”で、金額が変わってきます

  • マイル(距離)
  • 座席クラス

但し、”ワンワールドのみ

「大陸別」「マイル」2つが存在

【アライアンス料金一覧表】見て頂くと、お分かりになりますが「エコノミークラス」の料金だと・・・

”ボーナス”程の料金で世界一周可能

これはかなり「お得」といえますね!

・・・ではアライアンス別にご紹介します

【スターアライアンス】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー

特徴は以下の通り

【メリット】

  • プレミアムエコノミーがある
  • 距離で料金が決まるマイル制運賃
  • 料金もシンプルで割安
  • 航空会社は世界一周航空券で最多
  • 人気の南米アフリカも強固

【デメリット】

  • 中東オーストラリアが弱点
  • ローカル航空会社の動きに注意!

【料金】STAR1(29,000マイル以内)

  • エコノミークラス:358,900円
  • プレミアムエコノミークラス:553,800円
  • ビジネスクラス:705,500円
  • ファーストクラス:1,141,000円

【料金】STAR2(34,000マイル以内)

  • エコノミークラス:422,700円
  • プレミアムエコノミークラス:632,300円
  • ビジネスクラス:822,000円
  • ファーストクラス:1,344,000円

【料金】STAR3(39,000マイル以内)

  • エコノミークラス:494,600円
  • プレミアムエコノミークラス:734,800円
  • ビジネスクラス:958,900円
  • ファーストクラス:1,504,800円
\入会キャンペーンで最大3,000マイル/

【ワンワールド・エクスプローラー:大陸】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー

特徴は以下の通り

【メリット】

  • 訪問する大陸の数で料金が決まる
  • 多彩な旅可能になる広大な路線図
  • アフリカのネットワークが拡充
  • 上質な航空会社が多い

【デメリット】

  • LATAM脱退で南米周遊が課題

【料金】3大陸

  • エコノミークラス:335,000円
  • ビジネスクラス:656,300円
  • ファーストクラス:1,003,300円

【料金】4大陸

  • エコノミークラス:354,600円
  • ビジネスクラス:780,400円
  • ファーストクラス:1,182,500円

【料金】5大陸

  • エコノミークラス:418,800円
  • ビジネスクラス:895,200円
  • ファーストクラス:1,370,200円

【料金】6大陸

  • エコノミークラス:485,000円
  • ビジネスクラス:978,200円
  • ファーストクラス:1,495,100円

【グローバル・エクスプローラー:マイル】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー

特徴は以下の通り

【メリット】

  • ワンワールド+αの航空会社が使える
  • 運賃は大陸別ではなくマイル制
  • アフリカを訪問しやすくなった
  • 南太平洋周遊がおもしろい!
  • 南米周遊なら最強!

【デメリット】

  • ビジネスクラスとファーストクラスは「34,000マイル以内」のみ

【料金】29,000マイル以内

  • エコノミークラス:354,600円
  • ビジネスクラス:設定なし
  • ファーストクラス:設定なし

【料金】34,000マイル以内

  • エコノミークラス:418,800円
  • ビジネスクラス:780,400円
  • ファーストクラス:1,182,500円

【料金】39,000マイル以内

  • エコノミークラス:485,000円
  • ビジネスクラス:設定なし
  • ファーストクラス:設定なし

【スカイチーム】世界一周航空券「特徴」と「料金」ーメリットとデメリットー(現在停止中)

特徴は以下の通り

【メリット】

  • 北半球の周遊は強い
  • 燃油サーチャージは定額制
  • 上級会員資格が手に入る!

【デメリット】

  • すべて「ファーストクラス」がない
  • 発券期限が短いので注意
  • 弱点はオセアニア
  • 新規就航、運休路線に注意!

【料金】SKY4(26,000マイル以内)

  • エコノミークラス:325,700円
  • ビジネスクラス:637,200円

【料金】SKY3(29,000マイル以内)

  • エコノミークラス:347,500円
  • ビジネスクラス:758,100円

【料金】SKY2(33,000マイル以内)

  • エコノミークラス:407,400円
  • ビジネスクラス:888,800円

【料金】SKY1(38,000マイル以内)

  • エコノミークラス:484,300円
  • ビジネスクラス:977,000円

【料金一覧表】スターアライアンス・ワンワールド・スカイチーム値段比較

スターアライアンスワンワールド・
エクスプローラー(大陸)
グローバル・
エクスプローラー(マイル)
スカイチーム
エコノミー29,000マイル内 :
358,900円

34,000マイル内 :
422,700円

39,000マイル内:
494,600円
3大陸:
335,000円

4大陸:
354,600円

5大陸:
418,800円

6大陸:
485,000円
29,000マイル内 :
354,600円

34,000マイル内 :
418,800円

39,000マイル内:
485,000円
26,000マイル内 :
325,700円

29,000マイル内:
347,500円

33,000マイル内:
407,400円

38,000マイル内:
484,300円
プレミアム
エコノミー
29,000マイル内:
553,800円

34,000マイル内:
632,300円

39,000マイル:
734,800円
ビジネス
クラス
29,000マイル内:
705,500円

34,000マイル内:
822,000円

39,000マイル内:
958,900円
3大陸:
656,300円

4大陸:
780,400円

5大陸:
895,200円

6大陸:
978,200円
29,000マイル内:
設定なし

34,000マイル内:
780,400円

39,000マイル内:
設定なし
26,000マイル内 :
637,200円

29,000マイル内:
758,100円

33,000マイル内:
888,800円

38,000マイル内:
977,000円
ファースト
クラス
29,000マイル内:
1,141,000円

34,000マイル内:
1,344,000円

39,000マイル内:
1,504,800円
3大陸:
1,003,300円

4大陸:
1,182,500円

5大陸:
1,370,200円

6大陸:
1,495,100円
29,000マイル内:
設定なし

34,000マイル内:
1,182,500円

39,000マイル内:
設定なし

【ビジネスクラス】世界一周を「快適」にするポイントは”機内空間”だけじゃない!

ANA最新ビジネスクラス:”the room”


【ビジネスクラス】世界一周するなら、すこし奮発して

「ビジネスクラス」おすすめ!

理由は以下の通り

  • 座席が快適(良質なすいみんが可能)
  • 食事も豪華
  • 優先受付・搭乗がある
  • 空港ラウンジが使用できる
  • 優先的に荷物が出てくる
  • 上級ステータスなる”ポイント”も貯まりやすい

…などなど【メリット】がたくさん!

またエコノミーだと、特に長距離線は移動が”苦痛”になりやすいですが、【ビジネスクラス】だと、逆に・・・

毎回【搭乗が楽しみ】

なりますよー

【優先順位】あなたは”どこが一番”行きたい⁈

また各アライアンスで

”ここの地域(大陸)は強い

各航空会社の”特色”があるので

世界の「どこ」を巡りたいのか

事前に調べておく必要があります。

【ルール】「ストップオーバー」「オープンジョー」活用しよう!ー最大16区間搭乗可能ー

【ルール】世界一周航空券には、いくつか”共通した”

「決まり事」あります

難しい用語”ありますので、あわせて解説します

【ストップオーバー(途中降機)】効率よく旅行する方法①

出典:世界一周航空NAVI

【ストップオーバー】途中降機」の意味で乗継の一つ

例として・・・

  • 【往路】上海~大阪経由~札幌
  • 【復路】札幌~東京経由(24時間以上滞在)~上海

上記の条件の場合

【復路】経由する「東京」で

「24時間以上滞在」すること

【世界一周航空券】各アライアンスによって

何回までが可能

回数が決まっています

【オープンジョー】効率よく旅行する方法②


【オープンジョー】「出発地」「最終目的地」が”異なる”こと

飛行機移動よりも

電車移動が早い場合

「近郊都市(ヨーロッパなど)」複数都市周遊”する際に、使用することが多いです。

例えば…本来【日本⇔パリ】だが・・・

  • 【往路】日本(成田)~パリ着後~(電車などで移動)・・・ロンドン
  • 【復路】ロンドン(飛行機)→日本

このような”パターン”も「オープンジョー」

これらもアライアンスによって

回数制限等ルールあります

【乗継】効率よく旅行する方法③

出典:世界一周航空NAVI

これもアライアンスによって「回数」が決められていいます

【16区間】世界一周航空券は「最大移動回数」が決まっている

【航空券】基本的に「16区間」以上の”発券”できません

足りない(行きたい場所がある)場合は、自分で航空券を手配する必要があります

  • ヨーロッパなど国同士が近い場合は、「バス」「電車」を使ったほうが効率が良い場合もあります
  • 空港まで戻ったりする「時間」「コスト」を考える

【予約・ルート変更】便や日にち変更は「無料」ルート変更は「125ドル」

  • 便・日付など再発券不要の変更は「無料」
  • ルート変更は1回につき「125米ドル」

【共通ルール】として、一度違う大陸に入ると「今まで旅行してた大陸」に

戻ることはできません

【補足】”実費”で戻ることは、もちろん可能!
その他のルールとして・・・

最初に出発した国」に戻って来る必要があります

日本で航空券を発券した場合最終目的地は日本になります

【旅行期限】1年以内だが、一度”自費”で戻って「再開」することができる!

基本的には1年内」なのでゆっくり回ることも可能です。

  1. 一度自分の手出し「帰国」
  2. 時間をおいてから「再び世界一周の続き」をすることも可能!

【短い旅行日程】世界一周をする場合には

「最低旅行日数」決められている

アライアンスもあります

【各アライアンス特徴】あなたはどれに乗りたい⁈

ーアライアンス「ルール」一覧ー

スターアライアンスワンワールド・エクスプローラーグローバル・エクスプローラースカイチーム
制度マイル制大陸制マイル制マイル制
最大マイル数39,000マイル39,000マイル38,000マイル
最大フライト回数16区間16区間16区間16区間
最低旅行日数10日
(エコノミークラスは3日)
なしなし5日
有効期限1年1年1年1年
「最高」ストップオーバー」回数15回最大フライト回数の範囲内最大フライト回数の範囲内15回
(26,000マイルは最高5回)
「最低」ストップオーバー回数2回2回2回2回
(26,000マイルは最低3回)
「同一都市」のストップオーバー回数1回のみ制限なし(大陸内の規定による)制限なし(大陸内の規定による)1回
「同一国」のストップオーバー回数3回まで(アメリカは5回まで)制限なし(大陸内の規定による)制限なし(大陸内の規定による)3回
同一都市の乗り換え回数3回まで制限なし(大陸内の規定による)制限なし(大陸内の規定による)2回まで
エリア内ストップオーバー制限なし1大陸内の最大フライト回数は4区間
(北米は6区間)
1エリア内のストップオーバー回数は4回までなし
「コードシェア」
オープンジョーの組み合わせ
5区間まで可能
フライトとみなされマイルに加算、1回のストップオーバーとする
可能
フライトにカウント
可能
フライトとみなされマイルに加算される
2区間まで可能
フライトとみなされマイルに加算し、1回のストップオーバーとする

【YouTuberおのだ】ワンワールド・エクスプローラー 「ファーストクラス」

実際に、旅行された方の動画あります。ご参考にどうぞ!

【LATAM脱退】おのだ氏は南米路線をLATAM航空を使用していますが、2020年4月よりワンワールド加盟から外れたため、南米の周遊が厳しくなりました。(イースター島など)

おのだ氏がご紹介している本はこちら↓

【モデルコース】アライアンス別に「世界一周シュミレーション」します!

【世界一周NAVI】世界一周航空券ガイド本よりおすすめコースをアライアンス別に以下の順番でご紹介します!

  1. スターアライアンス(マイル別)
  2. ワンワールド(大陸別)
  3. ワンワールド(マイル別)
  4. スカイチーム(マイル別)

【スターアライアンス】世界一周堂シュミレーション

【STAR1】

【東京発】 ①シアトル ②トロント ③リマ ④ブエノスアイレス ⑤サンパウロ ⑥リスボン ⑦チューリッヒ ⑧ミュンヘン ⑨ウィーン ⑩アテネ ⑪イスタンブール ⑫デリー ⑬バンコク ⑭ハノイ ⑮台北 ⑯東京

【STAR2】

【東京発】 ①北京 ②バンコク ③イスタンブール ④ローマ ⑤ウィーン ⑥バルセロナ ⑦ミュンヘン ⑧パリ ⑨ニューヨーク ⑩メキシコシティ ⑪サンフランシスコ ⑫ホノルル ⑬オーランド ⑭シドニー ⑮ソウル ⑯東京

【STAR3】

【東京発】 ①デリー ②イスタンブール ③ケープタウン ④ヨハネスブルク ⑤ナイロビ ⑥アディスアベバ ⑦サンパウロ ⑧ブエノスアイレス ⑨サンティアゴ ⑩ボゴタ ⑪ヒューストン ⑫カルガリー ⑬イエローナイフ ⑭バンクーバー ⑮東京

【ワンワールド(大陸別)】世界一周堂シュミレーション

【3大陸】

【東京発】 ①バンコク ②コロンボ ③ドーハ ④カイロ ⑤カサブランカ ⑥マドリード ⑦ロンドン ⑧ニューヨーク ⑨マイアミ ⑩モンテゴベイ ⑪ダラス ⑫ロサンゼルス ⑬ホノルル ⑭東京

【4大陸】

【東京発】 ①サンフランシスコ ②ダラス ③メキシコシティ ④マイアミ ⑤リマ・・・ ⑥ブエノスアイレス ⑦サンパウロ ⑧マドリード ⑨ローマ・・・ ⑩ヘルシンキ ⑪レイキャビク ⑫ヘルシンキ ⑬東京 ※リマ~ブエノスアイレス、ローマ~ヘルシンキ間は各自移動

【6大陸】

【東京発】 ①デリー ②香港 ③ヨハネスブルク ④ケープタウン ⑤ロンドン ⑥ヘルシンキ ⑦ロサンゼルス ⑧ニューヨーク ⑨ダラス ⑩リマ・・・ ⑪サンティアゴ ⑫シドニー ⑬エアーズロック ⑭ケアンズ ⑮東京 ※リマ~サンティアゴ間は各自移動

【ワンワールド(マイル別)】世界一周堂シュミレーション

【29,000マイル以内】

【東京発】 ①香港(マカオ) ②ドバイ ③ドーハ ④パリ・・・ ⑤ミラノ ⑥ロンドン ⑦ニューヨーク ⑧ロサンゼルス ⑨ホノルル ⑩東京 ※パリ~ミラノ間は各自移動 ★の都市は乗り換えのみ

【34,000マイル以内】

【東京発】 ①ホーチミンシティ ②クアラルンプール ③マレ ④ドーハ ⑤ミラノ ⑥ニューヨーク ⑦マイアミ ⑧カンクン ⑨リマ ⑩サンティアゴ ⑪イースター島 ⑫パペーテ ⑬オークランド ⑭ナンディ ⑮ ★の都市は乗り換えのみ

【39,000マイル以内】

【東京発】 ①ケアンズ ②シドニー ③ホノルル ④アンカレッジ ⑤シカゴ ⑥マイアミ ⑦キト ⑧リマ ⑨サンパウロ ⑩カサブランカ ⑪チューリッヒ ⑫アンマン ⑬ドーハ ⑭カトマンズ ⑮香港 ⑯東京 ★の都市は乗り換えのみ

【スカイチーム】世界一周堂シュミレーション

【26,000マイル以内】

【東京発】 ①ホーチミンシティ ②パリ ③リマ ④メキシコシティ ⑤ロサンゼルス ⑥ホノルル ⑦東京 ★の都市は乗り換えのみ

【29,000マイル以内】

【東京発】 ①台北 ②上海 ③ドバイ ④モスクワ ⑤プラハ ⑥ミラノ ⑦パリ ⑧ブエノスアイレス ⑨カンクン ⑩アトランタ ⑪東京 ★の都市は乗り換えのみ

【33,000マイル以内】

【東京発】 ①ロサンゼルス ②ラスベガス ③アトランタ ④キト ⑤パリ ⑥アンタナナリボ ⑦ナイロビ ⑧ジェッダ ⑨カイロ ⑩ローマ ⑪モスクワ ⑫ウランバートル ⑬ソウル ⑭東京 ★の都市は乗り換えのみ

【意外と知らない】ANAマイルよりお得ANA便に乗れる「UAマイル」知っていますか⁈詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

【まとめ】夢は”実現”可能!あなたも「世界一周」しませんか⁈

  • 世界一周航空券は意外と安い
  • コスパがよく快適に旅行できるのは「ビジネスクラス」
  • アライアンスによって強い場所弱い場所がある

【世界一周航空券】使用すれば「誰でも」「簡単に」「安く

世界一周することが可能!

【上級会員】世界一周は「フライトポイント」が多く貯まるので、各アライアンスの

ANA「3つのステータス」

上級ステータス」なるチャンス

是非とも狙っていきましょう!

以下の”リンク”から【世界一周航空券】調べることができます

アライアンスによって「シュミレーション」ができるので

いろいろなルートを”ポチポチ”

してみるのも、おもしろいですよー!

\最大還元率1.5%の最強カード/

【世界一周堂】ネットだけの情報だと不安な人は、専門「旅行代理店」があり、相談するのもよいかもしれません↓

※以下の「本」を参考にしています。今回の記事が気になる方は購入も可能です!

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました