【最強ANA会員】ダイヤモンドステータスの威力を解説!永久維持はハードル高め。

ANAマイル

ANA会員には「ステータス」というものがあり、

飛行機に乗った回数(正確には飛行距離)

に応じて会員ステータスが分類されます。

今回はその中でも、【最上級会員】となる

ダイヤモンドステータス

詳細に解説します。

【永久維持】ハードル高めの理由は「毎年」

10万PP以上獲得する必要あり

主な記事の内容は以下の通り

  1. ANAステータス制度のご紹介
  2. 「主な特徴」
  3. 「ラウンジ」
  4. 「優先予約」
  5. 「空港での優先」
  6. 「特典」
  7. 「限定ギフト」
  8. 「デメリット」
  9. 「ステータス3つの比較」ーコスパがいいのはどのステータス⁈ー

本記事では「ダイヤモンドステータス」のみ受けられる記事に”特化”しています!

詳細が知りたい方は公式ページをご覧ください

ANA上級会員ステータスは”3つのカテゴリー”がある

【ステータス制度】ANAにはステータスが3つあり、飛行機に乗った回数(飛行距離)に応じて

プレミアムポイント(以下PP)

マイルとは付与されます。

1年間(1/1~12/31)累計数により、ステータスが分類

※このPPは翌年にリセットされます。

  • ブロンズステータス:年間30,000PP(うちANAグループ就航便15,000PP必要)
  • プラチナステータス:年間50,000PP(うちANAグループ就航便25,000PP必要)
  • ダイヤモンドステータス:年間100,000PP(うちANAグループ就航便50,000PP必要)

※ANAグループ就航便…(ANA以外に「スターフライヤー」「ソラシドエア」「IBEXエアラインズ」「エアドウ」「オリエンタルエアブリッジ」

ダイヤモンドステータスの主な特徴

さまざまな特典サービスを受けることができる『ダイヤモンドステータス

特に際立つ特典は…

「SUITE LOUNGEの利用」

「選べる特典」

他にもたくさんの特典があるので順番にみていきましょう!

ダイヤモンドステータスの威力①:「空港ラウンジ」の利用

SUITE LOUNGEが利用できるのが最大のメリットでしょう!

このラウンジは基本的に、

ダイヤモンドステータス

ファーストクラス搭乗者(国際線のみ)

のみしか利用できません。

コロナ禍で、国際線利用は難しい状況ですが

羽田空港・新千歳空港・伊丹空港・福岡空港・那覇空港

以上の国内線には、「SUITE LOUNGE」があります!

羽田空港:ANA SUITE LOUNGE

ラウンジでは以下のようなサービスを受けられます。

SUITE LOUNGE:【設備】

  • シャワー
  • マッサージ機
  • ブース席

SUITE LOUNGE :【食事(軽食)・飲み物】

羽田空港の”ANA SUITE LOUNGE”軽食

「SUITE LOUNGE」では

”軽食”

あるのが特徴です。

「ANA LOUNGE」には軽食はありません!

また各空港には【名物的な軽食】存在します。(内容は変更する場合あり)

  • 羽田空港→クリスピークリームドーナツ(※現在、提供停止中)
  • 新千歳空港→きのとやのチーズタルト(※現在、提供停止中)
  • 伊丹空港→マネケン プレーンワッフル
  • 福岡空港→梅ヶ枝餅
  • 那覇空港→BLUE SEALの「アイスクリーム」全5種

※国際線だと軽食ではなく、ちゃんとした食事が提供されます↓

【国際線SUITE LOUNGE】以下のような豪華な食事飲み物がサービスされます。

SUITE LOUNGE :【国際線ラウンジ食事】

SUITE LOUNGE:【国際線ラウンジ飲み物(一部切り取り)】

ダイヤモンドステータスの威力②:「優先予約」

「ダイヤモンドステータス」のみが利用できるのは以下のサービス

国内線座席指定の優先

「ダイヤモンドサービス」メンバーは、運賃の種別にかかわらず

すべての指定可能席から選択

可能です。

国内線特典航空券の空席待ち

「ダイヤモンドサービス」デスクにて、ANAグループ運航便・コードシェア便にANA便名で予約・搭乗の

国内線特典航空券空席待ち

承ります

国際線手数料の免除

「ダイヤモンドサービス」デスクにて予約や変更を承る場合、本人もしくは同行者の

下記の手数料を免除

あります↓

ダイヤモンドステータスの威力③:「空港での優先」

「ダイヤモンドステータス」のみが利用できるのは以下のサービス

優先チェックインカウンター

【ANA SUITE CHECK-IN】 利用可能

【対象空港】国内線→羽田空港:国際線→羽田空港成田空港

専用保安検査場のご利用

本人と同行者利用可

国内線ANA SUITE CHECK-IN にて利用可能

【対象空港】羽田空港

国際線ANA SUITE CHECK-IN にて利用可能

【対象空港】成田空港

手荷物受け取りの優先

国内線:搭乗クラスにかかわらず

優先受け取り〈FIRST〉マーク

手荷物タグに印字

国際線:搭乗クラスにかかわらず

優先受け取り〈FIRST PRIORITY〉マーク

手荷物タグに印字または〈FIRST CLASS〉の優先タグを取り付けしてくれます!

コンシェルジュサービス

常駐のコンシェルジュスタッフが、「旅行」「出張」サポート

「旅程予約」「ビジネス文書コピー」など、相談できるとのこと

ダイヤモンドステータスの威力④:「充実の特典」

ダイヤモンドステータス」のみが利用できるのは以下のサービス

フライトボーナスマイル

ステイタス1年目【120%】 

ステイタス継続2年以上【130%】

マイルの有効期限の延長

マイルの有効期限が延長され、

マイルが失効しません

※「ダイヤモンドステータス」からステータスが変わる(ダウンする)と、そこから【3年間】が有効期限となります

ダイヤモンドステータスの威力④:「メンバー限定ギフト」

「ダイヤモンドステータス」のみが利用【メンバー限定特典】

「ダイヤモンドサービス」メンバー限定【選択式特典】

これは毎年変更があり、2022年の内容は以下の通りになっています

【申込方法】

【選択式特典】①ANA SKY コイン コース

【選択式特典】②アップグレードコース

【選択式特典】③IHG・ANA・ホテルズグループ宿泊・お食事コース

【選択式特典】④上質なレストランコース

【選択式特典】⑤ギフトセレクションコース

【選択式特典】⑥「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券コース

【選択式特典】⑦機内販売コース

【選択式特典】⑧A-styleお買い物+ANAスカイコインコース

【選択式特典】⑨自然再生コース

【ネームタグ】

ダイヤモンドステータス【デメリット】:「コスト」がかかる&「継続」が難しい

ここでは「ダイヤモンドステータス」の”デメリットについて考察します

主なポイントはこちら↓

  1. コストがかかる
  2. 継続が難しい

順番に解説します

【デメリット】①:コストがかかる

ダイヤモンドステータスになるためには

「10万PP」

貯める必要があり、金額にすると

「100万円」程度かかります

「出張族」「旅行好き」でない限り、ダイヤモンドステータスになるのはハードルが高いです

【デメリット】②:継続は難しい

上級ステータスは”1年限定“であり継続するには次の年も

同じPP獲得(10万PP

する必要があります。

ちなみに、プラチナステータスは「SFC」に入会することでほぼ同様”のサービスを

年間費を支払うだけで可能

【上級ステータス比較】目指すは「プラチナ」以上

【上級ステータス】主なサービスを表にまとめてみました!

「ダイヤモンドステータス」”限定”サービスは赤字

ブロンズプラチナダイヤモンド
プレミアムメンバー専用サービスデスク
ANA SUITE LOUNGE××
ANA LOUNGE×
コンシェルジュサービス××
座席クラスのアップグレード
国内線の先行予約
国内線座席指定の優先
国際線事前座席指定料金の免除×
ご予約時の空席待ちの優先
国内線特典航空券・いっしょにマイル割の先行予約
国内線特典航空券の空席待ち××
国際線特典航空券・アップグレード特典の優先×
国際線手数料の免除××
優先チェックインカウンター
手荷物受け取りの優先×
手荷物許容量のご優待
専用保安検査場のご利用×
優先搭乗のご案内×
空港での空席待ちの優先お取り扱い
マイカー・バレーのご優待(成田空港)×
羽田空港駐車場の優先予約×
香港国際空港の優先レーン
アップグレードポイント
フライトボーナスマイル
40-55%

90-105%

115-130%
マイルの有効期限の延長××
マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換
アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換
提携パートナーでのご優待サービスにより
対象のステイタスが
異なります
サービスにより
対象のステイタスが
異なります
サービスにより
対象のステイタスが
異なります
オリジナルネームタグ××
150,000プレミアムポイント限定特典
ネームタグ・バゲージタグ
××
80,000プレミアムポイント限定特典
「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券
××
「ダイヤモンドサービス」メンバー限定
選択式特典
××
プレミアムメンバー限定
ANAセレクション
ライフスタイルマガジン×
ダイアリー・カレンダーのプレゼント×

特徴的なのが…

  • 「SUITE LOUNGE」
  • 「選択式特典」
  • 「マイル有効期限の延長」

しかし”コスパ”を考えると

プラチナステータス(SFC)

でしょうか…

【まとめ】ダイヤモンドステータスは”維持”が難しい

  • 飛行機好きには、是非ともほしいステータス
  • しかしながら”自己満足的要素”が大きい
  • 海外旅行で最大威力を発揮
  • コスパ的には「プラチナステータス(SFC)」で充分

旅行はおろか「移動」も躊躇するこのご時世。正直「ダイヤモンドステータス」になっても

「恩恵」があまり受けられない

しかし、最近は・・・

「PP2倍キャンペーン」

やったりと、上級ステータスに”なりやすい環境”になっていたりします(2023年度は実施不明)

上質なサービスを受けたい方

【ダイヤモンドステータス】

目指してみていかがでしょうか⁈

以上、少しでも参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました