【高還元1.5%】セゾンvsJCB「マイレージプラス」おすすめはどっち⁈徹底比較します。

UAマイル

UAマイルが貯まる「マイレージプラス」は国内にいくつか存在します。(※UA=ユナイテッド航空

それがこちら↓

  • セゾン
  • JCB
  • MUFG
  • UC
  • ダイナースクラブ

本記事では、中でも”人気の高い”上2つ

  • マイレージプラス「セゾンカード」
  • マイレージプラス「JCB」

これらを「徹底比較」していきます。

【結論】こんな人”は以下のカードをおすすめ!

  • 【年間30,000マイル】貯めたい人→セゾンカード
  • 【30,000マイル以上貯めたい人→JCBカード

こちらが”最適解”になります。

【共通サービス】マイレージプラスでおける特徴”は記事後半に記載しています。こちらのみ知りたい方は

上リンクにて記事を飛ばしてくださいね。

【スペック比較】「セゾンカード」コスパ最強。「JCBカード」付帯サービス充実!

【カード特徴一覧】表にまとめてました。

【還元率1.5%】高還元を”基準”にするため、JCBカードは「ゴールドカード」で比較しています。

券種
JCBカード

セゾンカード
年間費(税込)
【本人】
16,500円1,650円
(+マイルアップメンバーズ5,500円)
合計7,150円
年間費(税込)
【家族会員】
5,500円なし
国際ブランドJCBAMEX VISA MASTER
マイル還元率1.5%
(100円につき1.5マイル)
通常0.5%
(1,000円につき5マイル)
※マイルアップメンバーズ加入
(年間費:5,500円/税込)で最大1.5%
上限マイルなし年間30,000マイル(300万円決済)
継続マイル
(2年目以降)
1,500マイル
(年間300万円以上決済+
MyJチェック登録者
500マイル
AMEX限定
マイル購入優遇マイル2倍
海外旅行損害保険最高1億円(合計)
(家族特約あり)
自動付帯5,000万円+
利用付帯:5,000千万円)
最高3,000万円(利用付帯)
(家族特約なし)
ショッピング保険上限500万円
その他特典カードラウンジ利用
ANAグループ空港内免税店10%引き
国内・海外航空機遅延保険(自動付帯)
コスモ石油利用で1,000円につき5マイル
海外WiFiレンタル優待
【その他】AMEX限定特典あり

「一般カード」と「ゴールドカード」で、”比較対象”が悪いのですが、年間費「7,150円」

マイル還元率1.5%は”優秀

一方、JCBゴールドカード「付帯サービス」が充実。特に以下の3つが特徴的です。

  • 上限マイルなし
  • 航空券購入でマイル2倍
  • 旅行保険が一部「自動付帯」

最近のクレカ「旅行保険」は、ゴールドカードであっても「利用付帯」

対して、JCBは一部「自動付帯」なので、安心できるサービスですね!(ANA VISAカードも最近”利用付帯”になり改悪になりました……)

【自動付帯】と【利用付帯】

  • 【自動付帯】クレカを持っているだけ(自宅に置いておくだけ)で万が一の事故や病気ななっても”保険サービス”が適用
  • 【利用付帯】旅費(交通手段や宿泊等)で、クレカ決済しないと保険サービスが適応されない

ちなみに、セゾンカードにも「ゴールドカード」(+プラチナカード)が存在するのですが、年間費が高く

ゴールドカード【22,000円】

プラチナカード【55,000円】

します(ゴールド:上限75,000マイルプラチナ:上限マイルなし

それでは「セゾンカード」「JCBカード」の特徴を順に解説していきます!

【コスパ最強】マイルがガンガン貯まる!「マイレージプラス・セゾンカード」

【主な特徴はこちら】

  1. 年間費が安い(通常カード)
  2. コスモ石油は1,000円につき5マイル(ボーナスマイル)
  3. アメックス”限定”継続マイル(500マイル)

順にお伝えします。

【年間費が安い】高還元1.5%のコスパ最強クレカ:セゾン特徴①

【業界トップクラス】ハイステータスカード(年間費10万円以上など)に匹敵する高還元。それがこちら↓

【マイレージプラス・セゾンカード】

年間費はわずか「1,650円」+5,500円マイルアップメンバーズ加入)で、1,000円につき15マイル加算されます。

年間費7,150円で還元率1.5%

コスパ最強です!!

【注意点】

年間300万円以上(上限30,000マイル)超えると、「1,000円につき5マイル」減算されます。

【ボーナスマイル】コスモ石油は1,000円で5マイル加算あり:セゾン特徴②

【還元率2%】マイレージプラス・セゾンカードは1,000円につき15マイル貯まりますが、コスモ石油の場合、ボーナスマイルが「1,000円につき5マイル」別加算されます。

1,000円で20マイル=還元率2%

このようになり、日常的に車を使用される方は”コスモ石油”で給油等をされることをおすすめします!

【アメックスカード限定】継続マイルもらえます(500マイル):セゾン特徴③

【VISA/MASERにはない】マイル目的なら「アメックス」がおすすめ!

毎年「500マイル」もらえます

【入会キャンペーン中】最大30,500マイル獲得!この”チャンス”をお見逃しなく

【3/31まで】6月末までは「最大39,000マイル」だったので、少し下がってしまいましたが、今回はなんと年間費分【キャッシュバック】

各種別の獲得マイル数はこちら↓

券種
プラチナカード

ゴールドカード

一般カード
獲得マイル数最大30,500マイル
+50,000円キャッシュバック
最大18,500マイル
+20,000円キャッシュバック
2,750マイル
+初年度年間費無料
※キャッシュバックはアメックス限定

【今すぐ入会されたい方】

\入会キャンペーンは3/31まで/

これら詳細は別記事にて取り上げています

【上限なし】「JCBゴールド」はUAマイルを”いっぱい貯めたい人”におすすめ!

【主な特徴はこちら】

  1. 航空券購入でマイル2倍
  2. 継続マイル特典あり
  3. マイル獲得上限なし
  4. カード付帯の保険充実

順に解説します。

【マイル2倍】UA航空券購入は「マイレージプラスJCBカード」がお得!:JCB特徴①

【JCBカードだけUA公式ページや空港窓口にて航空券購入すると「マイル2倍」

特に”ゴールカード”は100円につき1.5マイルもらえます。

例えば10万円の航空券を購入した場合

1,500マイル+1,500ボーナスマイル=3,000マイル獲得

獲得できます!

【継続マイル】条件がやや厳しめだが、最大「1,500マイル」もらえます!:JCB特徴②

【ゴールドは300万円以上】カード種別により、継続マイルがもらえる条件が異なります

  • 【クラシック】年間100万円以上→1,000マイル
  • 【一般カード】年間200万円以上→1,200マイル
  • 【ゴールド】年間300万円以上→1,500マイル

すべての券種で”MyJチェック登録”が必要

【セゾンカード】「アメックス限定」で、サンクスマイルが”条件なし”に「500マイル」もらえるので正直微妙な特典です(笑)

【上限マイルなし】無限にUAマイル貯められる!還元率1.5%「ゴールドカード」がおすすめ!:JCB特徴③

【すべて上限なし】主なスペックはこちら

券種クラシックカード一般カードゴールカード
年間費1,375円5,500円16,500円
家族カード440円1,100円5,500円
マイル還元率200円につき1マイル100円につき1マイル100円につき1.5マイル
マイル上限なしなしなし

「クラシックカード」「一般カード」は還元率が低く、マイルがあまり貯まりません。マイルをより多く貯めるなら

【ゴールカード】一択

これが基本になります!

【付帯保険が充実】自動付帯がある「JCBゴールカード」は”海外旅行”の強い味方:JCB特徴④

【自動付帯は最強】ゴールカードを”もっているだけ”で、万が一のサービスを受けられるのは、大きな「安心」といえます。

特に海外では”病気やケガ”などで、病院受診すると「高額な医療費」を請求されるので、付帯保険は重要になってきます。

主な概要はこちら

詳細な条件等は以下より、ご確認ください

【今すぐ入会されたい方】

\入会キャンペーン中/

【他にもある】MUFGカード、ダイナースクラブ、UCカードはこんなクレカ

【他のカード】3つ存在します

  • MUFGカード
  • UCカード
  • ダイナースクラブカード

上3つの中では、ハイスペックである「ダイナースクラブ」がおすすめ

それぞれ特徴をご紹介します。

【MUFGカード】リボ払いで「還元率1.5%」年間費は5,500円とコスパ良し

【基本スペック】

券種MUFGカード
年間費5,500円
家族カード1,100円
海外旅行保険最高3,000万円
国内旅行保険最高3,000万円
ショッピング保険年間限度額200万円
マイル還元率100円につき1マイル
(リボ払い請求で0.5マイル加算)

【年間費安い】5,500円でマイル1%還元なので、「JCB一般カード」と同じスペックです。

リボ払いの請求があると「0.5マイル」加算され、合計1.5マイルになりますが、手数料(金利)が発生するのであまりおすすめしません!

【UCカード】特徴なし。他のカード検討がよいかも・・・

【ホームページ更新していない】

はっきり言って「スペック」もいまいち。申込みは”できる感じ”になっていますが、特に特徴もなくおすすめしません…

【スペック】

券種一般カードゴールドカード
年間費1,650円19,800円
家族カード440円5,500円
海外旅行保険最大2,000万円最大5,000万円
国内旅行保険最大1,000万円最大5,000万円
ショッピング保険年間100万円まで年間300万円まで
マイル還元率200円につき1マイル100円につき1マイル

【ダイナースクラブカード】付帯サービスがすごい!ハイステータスクレカ

【海外多い人は検討余地あり】年間費「30,800円」と高いですが、アメックス同様旅行系”に強いクレカ

付帯サービスが豊富!

【スペック】

スペックダイナースクラブカード
年間費30,800円
家族カード9,900円
年齢制限(入会目安)27歳以上
海外旅行保険最高1億円
(自動付帯5,000万円
+利用付帯5,000万円)
国内旅行保険最高1億円
(自動付帯5,000万円
+利用付帯5,000万円)
ショッピング保険年間限度額500万円
マイル還元率100円につき1マイル
入会ボーナスマイル
(条件あり)
5,000マイル
継続ボーナスマイル
(条件あり)
2,000マイル
国内外1,300ヶ所以上
のラウンジ利用
10回まで無料
(以降、利用毎3,500円)
手荷物宅配サービス年2回まで無料

【魅力的なサービス】マイル還元率1%と、年間費の割に普通な感じ。しかし上表”赤字”をご覧ください。

  • 【入会ボーナスマイル】5,000マイル
  • 【継続ボーナスマイル】2,000マイル
  • 【ラウンジ利用】10回まで無料
  • 【手荷物宅配サービス】2回まで無料

これらは他の”マイレージプラスカード”にはない特徴を持ってます。

順に解説します

【入会&更新時ボーナスマイル】5,000(2,000)マイルくれる!

【獲得条件】

  • 【入会ボーナス】新規入会後、3ヵ月以内に15万円以上のカード利用した本会員に5,000ボーナスマイルをプレゼント
  • 【更新ボーナス】前年1年間のカード利用金額が300万円以上で、次年度の年会費を支払いした本会員に、2,000ボーナスマイルをプレゼント

「入会ボーナス」はハードル低めです。チャンレンジする価値あると思います!

【ラウンジ利用】10回まで無料。”食べ飲み放題”で待ち時間ゆっくり過ごせる!

【ラウンジ利用条件】

  • 海外空港ラウンジは、利用回数が年間10回まで無料、11回目からは有料となり、1回につき3,500円(税込)必要
  • 本会員、家族会員のカードごとに、それぞれ年間10回まで無料
  • 利用回数は4月1日~翌年3月31日の間で10回
  • 国内空港ラウンジは、利用回数制限なし
  • プレミアムカード会員は利用回数制限の対象外

「海外旅行」頻回に行かれる方はかなり、お得なサービスといえます。

【手荷物宅配サービス】2回まで無料。自宅まで送ってくれる!

【手荷物無料宅配サービス利用条件】

  • 海外から帰国の際に荷物を対象空港から、自宅・勤務先など指定の場所まで無料で配送
  • 年間2個までの利用
  • 年間の利用手荷物数の上限が2個。一度に2個も可能
  • 【対象空港】成田空港(第1・第2ターミナル)、羽田空港第2・第3ターミナル、関西国際空港、中部国際空港

手ぶらで、帰れるのはかなり””ですね!

【共通サービス】UAマイルは”ここがすごい”マイレージプラス「特徴5選」ご紹介します!

【UAマイル特徴5選】

  1. マイルの有効期限なし
  2. サーチャージなし(無料)
  3. 特典航空券の使用範囲が広い
  4. バイマイル(マイル購入)できる
  5. 少ないマイルでANA便に乗れる

順に解説します。

【マイル有効期限なし】ANA&JALは3年間:UAマイル特徴①

【マイルは無期限】少しづつ色々と緩和されてきましたが、まだまだ流行り病で海外はおろか、国内旅行でも躊躇してしまうご時世。マイルを貯めても使う機会がない

しかし、マイレージプラスカードは

「有効期限がない」

安心してマイルを貯められます

ちなみにANAマイル有効期限は”3年”です。

【燃料サーチャージなし(無料)】ANA北米行きは「116,000円」別途必要(10/1~11/30):UAマイル特徴②

【高騰が続いている】マイルで飛行機にのる場合「航空券」は”タダですが、それ以外の諸経費は支払いが必要です(空港使用料等

その中で、国際線で大きなウェイトをしめるのが【燃料サーチャージ】

近年「物価上昇」「ウクライナ情勢」「エネルギー需要」…などから、かなりサーチャージが高騰しています。

ANAが発表した「2022年10/1~11/30」分サーチャージ価格がこちら↓

これらは”片道分”になります。

例えば「日本⇔ハワイ」に大人4人で行く場合、36,700円×2×4人という計算になり、サーチャージ料はなんと……

【293,600円】

航空券と”別途必要”(他に空港使用料等あり)になります。

これが「UAマイル」だと”無料

  • ANAサーチャージ料はシンガポールケロシン価格為替レートで決定
  • 価格は2ヶ月間のケロシン平均値で決定(例:発券日6~7月場合→2月~3月平均値)
発券日適用額発表時期平均値算出対象期間
4月~5月2月中旬~下旬頃12月~1月の2ヶ月平均値
6月~7月4月中旬~下旬頃2月~3月の2ヶ月平均値
8月~9月6月中旬~下旬頃4月~5月の2ヶ月平均値
10月~11月8月中旬~下旬頃6月~7月の2ヶ月平均値
12月~1月10月中旬~下旬頃8月~9月の2ヶ月平均値
2月~3月12月中旬~下旬頃10月~11月の2ヶ月平均値
ANA燃料サーチャージ期間表

【最新ANAサーチャージ料&ケロシン推移】

こちらからどうぞ↓

【使用範囲が広い】特典航空券は友人も使用可能!:UAマイル特徴③

【ANAは2親等まで】マイルでの「特典航空券」は意外と縛りがあり、本人以外が使用する場合、事前に特典航空券の利用者を”登録”しておく必要があります。

しかも、本人から【2親等以内】と制限もあります↓

対して、UAマイルはこれらの”縛り”がないため、ご友人も利用になれます!

【バイマイル(購入)できる】ボーナスマイルキャンペーンを年数回実施:UAマイル特徴④

【ANAやJALは×】マイレージプラスは「マイル購入」が可能。交換レート

【1,000マイル→35米ドル

2,000マイル~から購入可能!(年間17万5千マイルまで)

しかも、マイレージプラスカードで「支払い」すると、さらに・・・

最大100円につき【1.5マイル】

上乗せされ、お得です

【マイル購入キャンペーン】定期的に実施しています

9/21までキャンペーンはこちら

  • 5,000マイルで【30%ボーナス】
  • 20,000マイルで【65%ボーナス】
  • 40,000マイルで【100%ボーナス】

このようなキャンペーンを定期的に実施(ここ数か月は、毎月している⁈)

マイルを”多く購入”すればするほど【お得】になります!

【マイル購入】または【キャンペーン確認】は、下記のリンクからどうぞ↓

【少ないマイル数】国内ANA便に乗れる!「乗継」使用で更にお得!:UAマイル特徴⑤

【スターアライアンス】ユナイテッド航空(以下UA)のマイレージプログラムの”最大の魅力”が・・・

ANAマイルより”お得”に使用できる

  1. 本家ANAより「少ないマイル数」で発券出来る
  2. 出発地~最終目的地まで「途中で寄り道(トランジット)」ができる

順番に解説します

【最低5,500マイル~】ANAマイルより”お得”に特典航空券が発券可能!

【UA必要マイル数】ANAマイルより断然「お得」に発券できます

必要マイル数は以下の通り

距離UA必要マイル数(片道)UA必要マイル数(往復
800マイル以下5,500マイル11,000マイル
801マイル以上8,800マイル17,600マイル

基本的には、この【2つのみ】

ちなみに【東京】基準「800マイル以下」をだと・・・

秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪、札幌、福岡、長崎

これらはすべて【800マイル以下】になります!

【マイル比較】ANAマイルとUAマイルを比べてみます!

ANAマイルは【シーズンチャート】があって必要マイル数”が変わるのですが、わかりやすくするために「レギュラーシーズン」で比較してみます

出発地目的地(距離)UA必要マイル数ANA必要マイル数(レギュラーシーズン)
東京(羽田・成田)秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪
(300マイル以内)
5,5006,000
東京(羽田・成田)札幌、福岡、長崎
(301~800マイル)
5,5007,500
東京(羽田・成田)沖縄
(801~1,000マイル)
8,8009,000
東京(羽田・成田)石垣、宮古
(1,001~2,000マイル)
8,80010,000

【東京からの場合】最も”お得”に「UAマイル使用」できるのは

札幌・福岡・長崎

【トランジット(乗継)】活用すると”さら”にお得!

【直線距離】UAマイルは、「トランジット(乗継)」の距離でなく直線での移動距離

必要マイル数になります

【福岡→東京(羽田)】特典航空券でいく場合。途中で・・・

【沖縄】に寄り道する

なんてことも【同じマイル数】で可能!(5,500マイル)

実際のUA特典航空券:セーバー特典【5.5k=5,500マイル】
  1. 午前8:00福岡発→9:50沖縄(那覇)着
  2. 午後16:55沖縄(那覇)発→19:10東京(羽田)着

こんな使い方も可能で、色々な組み合わせができます。

プランによっては”日付をまたぐ”つまり・・・

1泊することも可

【デメリット】マイレージプラスは”ここ”が使いづらい

【デメリット】UAマイルも”万能”ではなく、いくつかの「注意点」もあります。

  1. 特典航空券は「出発30日以内」になると”必要マイル数”が増加
  2. 特典航空券のキャンセル料が高い
  3. 国際線特典航空券の必要マイル数は「ANAマイル」のほうが少ない

順番に解説します。

【デメリット①】出発30日以内になると必要マイル数が増加

【変動マイル制】ユナイテッド航空は、ANAのように”シーズンチャート”はありませんが、変動マイル制で、直近での「出発(発券)」

必要マイル数【増加】します

上図だと「18日」を境に、必要マイル数が【500マイル】増えているのがお分かりになると思います(6K=6,000マイル)

【デメリット②】特典航空券キャンセル料が「割高」

【キャンセル料】基本的には【無料】なのですが、出発「30日以内」になると

125米ドル

ちなみに、ANAだと一律【3,000マイル】になっており「良心的」です

30日前までキャンセル【無料】という点はANAより優秀ですね!

【デメリット③】国際線特典航空券の「マイル」が”ANAより多く必要”

【国際線特典航空券】日本国内では非常に優秀なUAマイルですが、「国際線」になるとANAマイルがコスパよいです。

例えば【日本⇆ハワイ(ホノルル)】便「エコノミークラス」の場合・・・

  • 【ANA】必要マイル:50,000~65,000マイル(シーズンチャート制
  • 【UA】必要マイル:55,000~130,000マイル(変動マイル制

このようになっており、ANAは「ハイシーズン」でも【65,000マイル】と割安です。

但し、ANAマイルは「国際線の場合」往復で予約する必要があります!

【メリット】UAマイルは【片道】発券可能です

【まとめ】マイレージプラスは業界トップクラス還元率。さらに「エミレーツ航空」と提携を発表!

  • セゾンカードは維持費「7,150円」で高還元
  • JCBカードは「たくさん貯めたい方」におすすめ!
  • 「ダイナースクラブ」付帯サービスが充実
  • マイレージプラスは国内最強クレカ

「セゾン」「JCB」徹底解説してきました。

最後に、【全種比較表】を掲載しておきます↓

カードブランド
(公式ページに飛びます)
発行元年会費マイル還元率獲得マイル換算上限特徴
セゾンカードクレディセゾン1,650~55,000円1.5%通常カードは30,000マイルまで
(以降1,000円につき5マイル)
アメックスのみ
サンクスマイルあり
(更新時500マイル)
JCBカードJCB1,375~16,500円0.5~1.5%上限なし航空券購入で2倍マイル
ダイナーズクラブ三井住友
信託銀行グループ
30,800円1%上限なしラウンジアクセス
など付帯サービス充実
MUFG三菱UFJニコス5,500~16,500円1%上限なし特になし
UCユーシーカード1,650円0.5%上限なし特になし

上図のようになっており、目を引くのはマイル還元率「1.5%」セゾンJCB

クレカをまだ”お持ちでない方は、旅行のお供に

一枚保有いかがでしょうか⁈

以下から、ご入会可能です↓

\年間300万円以下決済でおすすめ/
\還元率1.5%ゴールドカードがおすすめ/

【補足】最近、「シャワールーム」や「バーカウンター」が機内にある飛行機で有名な

「エミレーツ航空」

「ユナイテッド航空」が提携を発表しました。

発表内容はこちら↓

  • ニューヨーク/ニューアーク〜ドバイ線を開設
  • ロイヤリティプログラム会員には相互にマイルを付与
  • フリークエントフライヤー特典とラウンジ特典の詳細は数週間以内に発表

このようになっており、「UAマイル」であのファーストクラス”に乗れる日がやってくるかも知れません……まだ詳細は未定。

詳細発表が楽しみですね~!

記事はこちら

以上、参考になればうれしいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました