【上限なし】マイレージプラスJCBは還元率1.5%でマイルが貯まる!さらに航空券購入で「2倍」

UAマイル

ANA便にも乗れるユナイテッド航空【以下UA航空】マイレージプログラム

「マイレージプラス」

主な特徴がこちら↓

  1. 航空券購入でマイルが2倍
  2. マイルの有効期限なし
  3. マイルはANA特典航空券と交換可

本記事では「マイレージプラスJCB」おすすめポイント”や、ちょっとした”デメリット”などを中心に解説します。

【今すぐ入会されたい方】以下から申し込みできます

\マイル還元率1.5%/

UAマイルの貯めかた】ついては”別記事”にて取り上げています

【終了しました】最大26,500マイル獲得は「約5ヵ月以内で60万決済」(前回キャンペーン内容)

【期間は9/16~12/15まで】

前回「最大23,500マイル」だったので、”パワーアップ”して帰ってきました!

しかも条件が、比較的ゆるいので達成しやすくなっています。

【カード別獲得条件】

特典
クラシック

一般

ゴールド
特典①
入会ボーナス
1,000マイル4,000マイル7,500マイル
特典②
合計利用ボーナス
10万円以上利用
1,000マイル
30万円以上利用
3,000マイル
60万円以上利用
10,000マイル
特典②条件達成時
ショッピングマイル
500マイル
(200円=1マイル)
3,000マイル
(100円=1マイル)
9,000マイル
(100円=1.5マイル)
最大獲得マイル最大
2,500マイル
最大
10,000マイル
最大
26,500マイル
  • 【クラシック】最大2,500マイル
  • 【一般カード】最大10,000マイル
  • 【ゴールド】最大26,500マイル

このようになっており、マイル還元率1.5%「ゴールカード」が”だんぜん”お得

【条件対象期間】

入会月2022年9月2022年10月2022年11月2022年12月
利用期間2023年
1月15日まで
2023年
2月15日まで
2023年
3月15日まで
2023年
4月15日まで
付与時期2023年6月末2023年6月末2023年6月末2023年6月末

【約5か月以内】条件クリアすればよいです。(※月初に入会したほうが、期間長いです

【その他詳細】こちら↓

【キャンペーン対象者について】

●本キャンペーンの対象は、「MileagePlus JCBカード」を2022年12月15日(木)までに申し込み、発行された方に限られます。

以下の場合はキャンペーンの対象となりません。

●すでに「MileagePlus JCBカード」に入会されている場合

●現在「MileagePlus JCBカード」をお持ちの方が券種を切り替える場合

●本キャンペーンの入会後、特典が付与されるまでの期間に券種を切り替えた場合(例:一般カードからゴールドカードへの切り替え等)

●本キャンペーン開始時点ですでにお持ちの「MileagePlus JCBカード」をキャンペーン期間中に退会し、再度入会された場合

●特典付与時点で「MileagePlus JCBカード」を退会されている場合

【カードが届くまで】

●カードの入会に際しては、所定の審査があります。審査によりゴールドカードが発行されない場合、自動的に一般カードへのお申し込みとなり、一般カードのキャンペーン特典が適用されます。

●カード発行手続きに際し、お勤め先またはご自宅に連絡する場合があります。

●カードのお申し込みからお届けまでに2~3週間かかる場合があります。

●カードの入会年月日はカード送付時に同封される台紙に記載の「入会年月日」をご確認ください。

【特典について】

●本キャンペーンの特典で加算されたマイルは、マイレージプラス上級会員の資格要件には含まれません。

●マイルの加算状況はユナイテッド航空ホームページでご確認ください。

●今回特典が付与された場合、JCBが同時期に実施する他のキャンペーンの対象から除外、または特典総額が景品表示法上の範囲内に制限される場合があります。

【その他】

●上の期間以降も、継続してキャンペーンを実施する場合があります。

●掲載内容は予告なく変更となる場合があります。

<特典1について>

●入会ボーナスマイルは年会費のお支払いを確認できた方に入会から約3~4ヵ月後までに付与します。お支払いが遅延された方は対象となりません。

●本会員のみ対象となります。家族会員は特典付与の対象となりません。

●申し込まれたカードの発行日(カード送付時の台紙に記載の「入会年月日」)から過去2年以内に「MileagePlus JCBカード」を退会されていた方は対象となりません。

<特典2について>

●「MileagePlus JCBカード」を2022年12月15日(木)までに申し込み、発行され、対象利用期間に指定の金額以上利用された方が対象です。

●家族カードでのご利用金額も集計されますが、特典付与は本会員のみ対象です。

●売上情報が期間内に到着したものが対象です。

●各種年会費、ショッピングリボ・分割・スキップ払いの各手数料、キャッシングサービス・電子マネーチャージご利用分はご利用合計金額には含まれません。ただし、QUICPay(クイックペイ)TMのご利用分は対象となります。

●2020年9月16日(水)以降に「MileagePlus JCBカード」を退会されていた方は対象となりません。

【今すぐご入会したい

こちらからどうぞ

\航空券購入でマイル2倍/

特徴①【マイル2倍】ユナイテッド航空の「航空券購入」ーマイレージプラスJCB限定ー

【マイレージプラスJCB限定日本円ユナイテッド航空の航空券を購入すると・・・

【2倍マイル】もらえます!

また【ゴールドカード】であれば100円につき「1.5マイル」たまるので、10万円の航空券を購入した場合

ショッピングマイル1,500マイル

ボーナスマイル1,500マイル

【合計3,000マイル】獲得可能!

【注意事項】

  • 旅行会社等で購入されたユナイテッド航空航空券は対象外
  • ボーナスマイルは航空券売上情報の到着後、約2ヵ月後までに付与
  • 日本円での決済分に限る。日本円以外の通貨で決済され、日本円に換算されたものは対象外
  • マイルは本会員の方のマイレージ口座に付与
  • MileagePlus JCBカード全券種が対象
  • 機内販売やエコノミープラス座席指定料などの航空券以外の購入分は対象外
  • ショッピングマイルとは別に付与

特に赤字「旅行会社での購入」は対象外なりますのでご注意ください!

【継続マイル】カード更新時にも”最大1,500マイル”もらえる!

【継続マイル】これちょっと条件”が厳しめですが、もらえます

クラシックカード一般カードゴールドカード
年間ショッピング金額
100万円以上+
MyJチェック登録
年間ショッピング金額
200万円以上+
MyJチェック登録
年間ショッピング金額
300万円以上+
MyJチェック登録
1,000マイル1,200マイル1,500マイル

【MyJチェック】=Web明細のこと。”登録”はこちらからどうぞ↓

【マイレージプラスJCB申込み】こちら↓

特徴②最大還元率【1.5%】マイレージプラスJCBーしかも”獲得上限なし”ー

【マイル還元率1.5%】クレカの還元率「1%」が基準と言われており、1.5%はかなりの

【高還元率カード】

また、マイルの【獲得制限なし】というのも大きな”メリット”です!

【カードスペック】マイル還元率「1.5%」のゴールドカードがおすすめ!

クラシックカード一般カードゴールドカード
年間費(本会員)1,375円5,500円16,500円
家族会員440円1,100円5,500円
ショッピングマイル200円=1マイル100円=1マイル100円=1.5マイル
海外旅行損害保険最高2,000万円最高3,000万円最高1億円

【5,500マイル~】約37万円決済で「特典航空券」発券できちゃいます!

【還元率1.5%】ゴールドカードの決済で貯まったUAマイル。

実は「ANA国内線」に特典航空券で搭乗することができます。

どのくらいの「カード決済」で、可能なのかというと……

【約37万円】で片道国内線の特典航空券発券可能(5,500マイル〜)

特典航空券で発券可能です。イメージしやすいようにお伝えすると……

月6万円をクレカ決済すれば「半年後」にはANA便に特典航空券で搭乗できます!!

※詳細は後述

【マイレージプラス会員取得】ユナイテッド航空に登録が必要(無料)

登録無料】ユナイテッド航空の「マイレージプログラム」を利用することができます。以下からどうぞ↓

特徴③マイル【有効期限なし】ーANAは3年間ー

【マイルは無期限】流行り病で海外はおろか、国内旅行でも躊躇するこのご時世。

マイルを貯めても使う機会がない

しかし、マイレージプラスカードは

「有効期限がない」

安心してマイルを貯められます

ちなみにANAマイル有効期限は”3年”です。

特徴④【マイルを使う】特典航空券はANA便を含む「スターアライアンス」に使用できる

【マイレージを使う】貯めたマイルは「特典航空券」に交換できます

他社との違い【特徴】はこちら

  1. 【国際線特典航空券】通常”サーチャージ(燃料代等)が別途必要”なのですが、マイレージプラスのマイルでは「完全無料」
  2. 【第三者に譲渡可能】ANAでは特典航空券が使用できる範囲は「2親等」までと決まっていますが、マイレージプラスは友人などに「プレゼント」が可能
  3. 【マイルを購入できる】ボーナスマイルキャンペーンを年数回実施
  4. 【必要マイル数が低い】本家ANAより、「少ないマイル数」で日本国内の航空券を使用できる

特に魅力的なのが”4”【必要マイル数が低い】。しかもうまく活用すれば・・・

アレンジした【旅行が可能】

どういうことか⁈

特に”重要”な【3と4】を細かく解説します

特徴⑤【マイル購入】ボーナスマイルキャンペーンを年数回実施

【ANAやJALは×】マイレージプラスは「マイル購入」が可能

交換レート

【1,000マイル→35米ドル

2,000マイル~から購入可能!(年間最大17万5千マイルまで)

しかも、マイレージプラスカードで「支払い」すると、さらに・・・

最大100円につき【1.5マイル】

上乗せされる為、かなりお得です

【マイル購入キャンペーン】定期的に実施しています

8/18までキャンペーンはこちら

  • 5,000マイル購入で【30%ボーナス】
  • 20,000マイル購入で【65%ボーナス】
  • 40,000マイル購入で【100%ボーナス】

このようなキャンペーンを定期的に実施。

マイルを”多く購入”すればするほど【お得】になります!

【マイル購入】または【キャンペーン確認】は、下記のリンクからどうぞ↓

特徴⑥【少ないマイル数】ANAより「お得」に特典航空券が発券可能!ー乗継をうまく使おうー

【スターアライアンス】ユナイテッド航空(以下UA)のマイレージプログラムの”最大の魅力”が・・・

ANAマイルより”お得”に使用できる

  1. 本家ANAより「少ないマイル数」で発券出来る
  2. 出発地~最終目的地まで「途中で寄り道(トランジット)」ができる

順番に解説します

【最低5,500マイル~】ANAマイルより”お得”に特典航空券が発券可能!

【UA必要マイル数】ANAマイルより断然「お得」に発券できます

必要マイル数は以下の通り

距離UA必要マイル数(片道)UA必要マイル数(往復
800マイル以下5,500マイル11,000マイル
801マイル以上8,800マイル17,600マイル

基本的には、この【2つのみ】

ちなみに【東京】基準「800マイル以下」をだと・・・

秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪、札幌、福岡、長崎

これらはすべて【800マイル以下】になります!

【マイル比較】ANAマイルとUAマイルを比べてみます!

ANAマイルは【シーズンチャート】があって必要マイル数”が変わるのですが、わかりやすくするために「レギュラーシーズン」で比較してみます

出発地目的地(距離)UA必要マイル数ANA必要マイル数(レギュラーシーズン)
東京(羽田・成田)秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪(300マイル以内)5,5006,000
東京(羽田・成田)札幌、福岡、長崎(301~800マイル)5,5007,500
東京(羽田・成田)沖縄(801~1,000マイル)8,8009,000
東京(羽田・成田)石垣、宮古(1,001~2,000マイル)8,80010,000

【東京からの場合】最も”お得”に「UAマイル使用」できるのは

札幌・福岡・長崎

【トランジット(乗継)】活用すると”さら”にお得!

【直線距離】UAマイルは、「トランジット(乗継)」の距離は関係なく、直線での移動距離

必要マイル数になります

【福岡→東京(羽田)】特典航空券でいく場合。途中で・・・

【沖縄】に寄り道する

なんてことも【同じマイル数】で可能!(5,500マイル)

実際のUA特典航空券:セーバー特典【5.5k=5,500マイル】
  1. 午前8:00福岡発→9:50沖縄(那覇)着
  2. 午後16:55沖縄(那覇)発→19:10東京(羽田)着

こんな使い方も可能で、色々な組み合わせができます。

プランによっては”日付をまたぐ”つまり・・・

1泊することも可

【徹底比較】マイレージプラスは「セゾンカード」と「JCB」どちらがお得⁈

【マイレージプラスカード】実は、かなりの種類”が存在します!

カードブランド
(リンクは公式ページに飛びます)
発行元年会費マイル還元率獲得マイル換算上限
セゾンカードクレディセゾン1,650~55,000円1.5%通常カードは30,000マイルまで
(以降1,000円につき5マイル)
JCBカードJCB1,375~16,500円0.5~1.5%上限なし
ダイナーズクラブ三井住友
信託銀行グループ
30,800円1%上限なし
MUFG三菱UFJニコス5,500~16,500円1%上限なし
UCユーシーカード1,650円0.5%上限なし

表からわかることは、【還元率1.5%】である

  • マイレージプラス・セゾンカード【コスパ高】
  • マイレージプラス・JCBカード【多く貯められる】

最も”お得”だと言えます!

【結論】年間カード決済額に応じて決めるべし!

【決済額】年間の決済額に応じて”使い分けをする方法が、コスパがよいかと思います!

  • 【200万円以下】→セゾンカード(※年間費7,150円)
  • 【200万円以上】→JCBゴールドカード(年間費16,500円)
※セゾンカードは「マイルアップメンバーズ」加入後の金額

【デメリット】マイレージプラスは”ここ”が使いづらい

【デメリット】いくつかの「注意点」もあります。

  1. 特典航空券は「出発30日以内」になると”必要マイル数”が増加
  2. 特典航空券のキャンセル料が高い
  3. 国際線特典航空券の必要マイル数は「ANAマイル」のほうが少ない

順番に解説します。

【デメリット①】出発30日以内になると必要マイル数が増加

【変動マイル制】ユナイテッド航空は、ANAのように”シーズンチャート”はありませんが、変動マイル制で、直近での「出発(発券)」

必要マイル数【増加】します

上図だと「18日」を境に、必要マイル数が【500マイル】増えているのがお分かりになると思います(6K=6,000マイル)

【デメリット②】特典航空券キャンセル料が「割高」

【キャンセル料】基本的には【無料】なのですが、出発「30日以内」になると

125米ドル

ちなみに、ANAだと一律【3,000マイル】になっており「良心的」です

【デメリット③】国際線特典航空券の「マイル」が”ANAより多く必要”

【国際線特典航空券】日本国内では非常に優秀”なUAマイルですが、「国際線」になるとANAマイルのほうがコスパがよいです。

例えば【日本⇆ハワイ(ホノルル)】便「エコノミークラス」の場合・・・

  • 【ANAマイル】必要マイル数「50,000~65,000マイル」(シーズンチャート制)
  • 【UAマイル】必要マイル数「55,000~130,000マイル」(変動マイル制)

このようになっており、ANAは「ハイシーズン」でも【65,000マイル】と割安です。

但し、ANAマイルは「国際線の場合」往復で予約する必要があります!

【メリット】UAマイルは【片道】でも予約可能です

【まとめ】マイレージプラスカードは「国内最強」マイルが貯まる!

ユナイテッド航空:最新ビジネスクラス「ポラリス」
  • マイレージプラスJCBカードは最大【還元率1.5%】
  • 航空券購入で【マイル2倍】
  • マイルは【有効期限なし】
  • 特典航空券は【サーチャージ無料】
  • 本家ANAより「少ないマイル数」で発券でき、寄り道もできる!

意外と⁈知られていない、【ユナイテッド航空】

マイレージプログラム

【還元率1.5%】高還元で「マイルを貯める」ことができ、日本国内でも”特典航空券”として使用できます(ANA便)

マイルを貯めて、飛行機に乗る方法としては

『最強のカード』

是非ともマイラーなら”1枚もっておきたい”カードです!

【今すぐ入会しよう】入会は以下リンクをクリック

\マイル上限なしはJCBだけ/

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました