【キャンペーン中】入会で最大30,500マイル(3/31まで)マイレージプラスセゾンは還元率1.5%でANA便に乗れる!

UAマイル

あなたは【メイン決済カード】どのカードですか⁈

還元率「1%」がクレカ相場(良し悪し)と言われる中で、驚きの【1.5%】あるクレカが存在します!

それが、知る人ぞ知るマイラー「最強カード」

【マイレージプラスセゾンカード】

こちらで貯まったUAマイル(ユナイテッド航空)で「ANA国内線」に搭乗することができます

では、どのくらいの「カード決済」で、飛行機に搭乗できるかと言いますと

【約37万円】で片道国内線の特典航空券発券可能(5,500マイル〜)

特典航空券で搭乗可能です!

さらに・・・

【入会キャンペーン】しています。内容はこちら↓

【最大30,500マイル】獲得

本記事では、最初にキャンペーン詳細をお伝えした後、【マイレージプラスセゾンの”魅力”】を以下の順でお伝えします

  1. 【キャンペーン内容】最大30,500マイル獲得
  2. 【グレード比較】3種類の特徴
  3. 【特徴】マイレージプラスここがすごい
  4. 【カード比較】マイレージプラスは複数存在
  5. 【デメリット】使いづらいところ

【今すぐ入会されたい方】下記のボタンリンクよりご入会できます↓

\最大30,500マイル獲得可能/

【入会キャンペーン】最大30,500マイル!さらに最大年間費分キャッシュバック!今すぐ入会しよう(3/31まで)

【3/31まで】主なキャンペーン内容はこちら↓

  • プラチナカード→最大30,500マイル+※50,000円キャッシュバック(アメックス限定)
  • ゴールドカード→最大18,500マイル+※20,000円キャッシュバック(アメックス限定)
  • 一般カード→最大2,750マイル(更に年間費無料

順に条件を解説します。

【プラチナカード条件】入会の翌々月末に「50万円決済」必要!

  1. カード入会で【8,000マイル】
  2. 入会翌々月末までに「50万円以上」決済で【15,000マイル】
  3. 家族カード発行+2の条件(50万円以上利用)で【50,000円キャッシュバック】(アメックス限定)
  4. 2の条件より、50万円決済で【7,500マイル】

1~4条件達成で【30,500マイル】

【50,000キャッシュバック】

以下のリンクよりまでいき赤枠よりご入会できます
\最大30,500マイル獲得可能(3/31まで)/

【ゴールドカード条件】入会の翌々月末に「30万円決済」必要!

  1. カード入会で【4,000マイル】
  2. 入会翌々月末までに「30万円以上」決済で【10,000マイル】
  3. 家族カード発行+2の条件(30万以上利用)で【20,000円キャッシュバック】(アメックス限定)
  4. 2の条件より、30万円決済で【4,500マイル】

1~4条件達成で【18,500マイル】

+【20,000円キャッシュバック】

以下のリンクよりまでいき赤枠よりご入会できます
\最大18,500マイル獲得可能(3/31まで)/

【一般カード条件】入会の翌々月末に「5万円決済」必要!

  1. 入会翌々月末までに「5万円以上」決済で【2,000マイル】
  2. 1の条件より、5万円決済で【7,500マイル】
  3. さらに初年度年間費が無料

1~3条件達成で【2,750マイル】

+【初年度年間費無料】

\最大2,000マイル獲得可能(3/31まで)/

【マイレージプラス会員取得】ユナイテッド航空に登録が必要(無料)

【マイレージプラス】ご紹介するクレカは「セゾングループ」が発行しているカード。

マイレージプログラムは

米国「ユナイテッド航空」

「マイレージプラス会員」なる必要があり・。

※以下より【登録】できます

これはクレカ発券しなくても無料で登録可能ですので、特にANAマイルを貯めている人も登録をおすすめします!

【グレード】コスパ最強「通常カード」マイルを多く貯めるなら「ゴールドカード」以上がおすすめ!

【カード3種】それぞれの特徴をまとめました

券種
プラチナカード

ゴールドカード

MileagePlusセゾンカード
年間費(税込)
【本人】
55,000円22,000円1,650円
年間費(税込)
【家族会員】
9,900円5,500円
国際ブランドAMEX VISAAMEX VISA MASTERAMEX VISA MASTER
マイル還元率1.5%
(1,000円につき15マイル)
1.5%
(1,000円につき15マイル)
通常0.5%
(1,000円につき5マイル)
※マイルアップメンバーズ加入
(年間費:5,500円/税込)で最大1.5%
上限マイル上限なし75,000マイル30,000マイル
継続マイル
(2年目以降)
5,000マイル1,500マイル
(AMEX限定)
500マイル
(AMEX限定)
マイル購入優遇10%OFF10%OFF
ユナイテッド航空
優先搭乗
ユナイテッドクラブ
パス(ラウンジ利用券)
年2回プレゼント
(118米ドル分)
海外旅行損害保険最高1億円
(家族特約あり)
最高5,000万円
(家族特約あり)
最高3,000万円
(家族特約なし)
ショッピング保険1事故上限500万円1事故上限100万円
その他特典国内ラウンジ
コスモ石油利用で1,000円につき5マイル
海外WiFiレンタル優待
【その他】AMEX限定orVISA限定特典あり
国内ラウンジ
コスモ石油利用で1,000円につき5マイル
海外WiFiレンタル優待
【その他】AMEX限定特典あり
コスモ石油利用で1,000円につき5マイル
海外WiFiレンタル優待
【その他】AMEX限定特典あり

※それぞれ特徴があるところには【赤字】にしています

  • 「マイル還元率1.5%」
  • 「コスモ石油利用で5マイル」

これらは三枚とも共通サービスです。

【メリット】主な特徴はこちら

次項より順に解説します

【還元率1.5%】業界最高水準のショッピングマイル:特徴①

【コスパ最強】ショッピングマイル「1.5%」還元率は、かなりお得

非常に「マイルを貯めやすい」クレカになっています。

【年間コスト】ー通常カードー

【カード年間費】1,650円(税込)+マイルアップメンバーズ5,500円(税込)

合計7,150円

維持することができます!

【決済例】

  • 【月額10万円(年間120万円)決済】年間獲得マイルは18,000マイル
  • 【18,000マイル】国内線のエコノミークラス”片道3区間分”に交換可能

【マリオットボンボイカード】

マイラーに大人気カード

マイル【還元率1.25マイル】しかも年間費はさらに上がり【49,500円】

\入会キャンペーン中/

更に最も魅力があった「無料宿泊特典」【年間150万円】以上決済がないと、特典が

受けられなくなりました・・・

比較するとマイルを貯める人にとっては【マイレージプラス・セゾンカード】が、だんぜんお得

【注意事項】年間決済額が200万円以内(3万マイル)まで

【制限あり】年間決済額が多い方は注意が必要です

  • 年間決済額:200万円
  • 年間獲得マイル数:30,000マイル

これを超えると・・・

「1,000円につき5マイル

なるので注意してください!

【スターアライアンス】「フライト」でANAマイルも貯められる:特徴②

【フライトマイル】ユナイテッド航空の「マイル」はもちろんのこと、「ANA」「ルフトハンザ航空」など

スターアライアンス各社利用分

マイルを貯めることができます。

「スターアライアンスメンバー」の航空会社一覧

【有効期限なし】ゆっくり”長期間”ためられる:特徴③

【無期限】コロナ禍で海外はまだ少し、躊躇するこのご時世。

マイルを貯めても「使う機会がない」と思われている人

このカードは「有効期限がない」

安心してマイルを貯めることができます。

ちなみにANAマイル「有効期限は3年です

【特典航空券】日本国内”ANA便”でも使用できる:特徴④

【マイレージを使う】貯めたマイルは「特典航空券」に交換できます

他社との違い【特徴】はこちら

  1. 【国際線特典航空券】サーチャージ(燃料代等)不要の「完全無料」
  2. 【第三者に譲渡可能】マイレージプラスは友人などに「プレゼント」が可能
  3. 【マイルを購入できる】定期的なバーゲンマイルあり
  4. 【必要マイル数が低い】本家ANAより「少ないマイル数」で日本国内の航空券を使用できる

特に魅力的なのが4【必要マイル数が低い】

うまく活用すれば・・・

アレンジした【旅行が可能】

どういうことか⁈

特に重要【3と4】を細かく解説します

【マイル購入可能】定期的な「バーゲンマイル」あり:特徴⑤

【ANAやJALは×】マイレージプラスは「マイル購入」が可能!

交換レート

【1,000マイル→35米ドル

2,000マイル~から購入可能!(年間最大15万マイルまで)

しかも、マイレージプラスカードで「支払い」すると、さらに・・・

最大100円につき【1.5マイル】

上乗せされる為、かなりお得です

【マイル購入キャンペーン】定期的に実施しています

マイルを多く購入すればするほど【お得】になります!

【マイル購入】または【キャンペーン確認】は、下記のリンクからどうぞ↓

【少ないマイル数】ANAより「お得」に特典航空券が発券可能!:特徴⑦

【スターアライアンス】ユナイテッド航空(以下UA)のマイレージプログラムの”最大の魅力”が・・・

ANAマイルよりお得発券できる

  1. 本家ANAより「少ないマイル数」で発券出来る
  2. 出発地~最終目的地まで「途中で寄り道(トランジット)」ができる

順番に解説します

【最低5,500マイル~】日本国内線”特典航空券”が発券可能!

【UA必要マイル数】ANAマイルより”断然”「お得」に発券できます

必要マイル数は以下の通り↓

距離UA必要マイル数(片道)UA必要マイル数(往復
800マイル以下5,500マイル11,000マイル
801マイル以上8,800マイル17,600マイル

基本的には、この【2つのみ】

ちなみに【東京】基準で「800マイル以下」をだと・・・

秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山、小松、能登、名古屋、大阪、札幌、福岡、長崎

これらはすべて【800マイル以下】になります!

【徹底比較】ANAマイルとUAマイルを比べてみる

ANAマイルは【シーズンチャート】があって必要マイル数が変わります。

今回は、わかりやすくするために「レギュラーシーズン」で比較してみます

出発地目的地(距離)UA必要マイル数ANA必要マイル数
(レギュラーシーズン)
東京(羽田・成田)秋田、庄内、仙台、新潟、八丈島、富山
小松、能登、名古屋、大阪(300マイル以内)
5,5006,000
東京(羽田・成田)札幌、福岡、長崎(301~800マイル)5,5007,500
東京(羽田・成田)沖縄(801~1,000マイル)8,8009,000
東京(羽田・成田)石垣、宮古(1,001~2,000マイル)8,80010,000

【東京からの場合】最もお得に「UAマイル使用」できるのは

札幌・福岡・長崎(1,200マイルお得

【トランジット(乗継)】活用すると”さら”にお得!

【直線距離】UAマイルは、「トランジット(乗継)」の距離は関係なく直線での移動距離

必要マイル数になります

たとえば・・・

【福岡→東京(羽田)】特典航空券でいく場合。途中で

【沖縄】に寄り道する

なんてことも【同じマイル数】で可能!(5,500マイル)

実際のUA特典航空券:セーバー特典【5.5k=5,500マイル】
  1. 午前8:00福岡発→9:50沖縄(那覇)着
  2. 午後16:55沖縄(那覇)発→19:10東京(羽田)着

プランによっては日付をまたぐつまり・・・

1泊することもできます!

【徹底比較】マイレージプラスは「セゾンカード」と「JCB」どちらがお得⁈

【マイレージプラスカード】実は、かなりの種類が存在します!

カードブランド
(リンクは公式ページに飛びます)
発行元年会費マイル還元率獲得マイル換算上限入会キャンペーン
ボーナスマイル)
セゾンカードクレディセゾン6,600~55,000円1.5%30,000マイルまで
(以降1,000円につき5マイル)
なし
JCBカードJCB1,375~16,500円0.5~1.5%上限なしあり
ダイナーズクラブ三井住友
信託銀行グループ
30,800円1%上限なしあり
MUFG三菱UFJニコス5,500~16,500円1%上限なしあり
UCユーシーカード1,650円0.5%上限なしなし

表からわかることは、【還元率1.5%】である

  • マイレージプラス・セゾンカード【コスパ高】
  • マイレージプラス・JCBカード【多く貯められる】

最もお得だと言えます!

【結論】年間カード決済額に応じて決めるべし!

【決済額】年間の決済額に応じて使い分けをする方法が、コスパがよいかと思います!

  • 【200万円以下】→セゾンカード(※合計年間費7,150円)
  • 【200万円以上】→JCBゴールドカード(年間費16,500円)

※マイルアップメンバーズ加入後の費用(1,000円につき10マイル追加されるオプション

\入会キャンペーン中/

【デメリット】マイレージプラスは”ここ”が使いづらい

【デメリット】いくつかの「注意点」もあります

  1. 特典航空券は「出発30日以内」になると”必要マイル数”が増加
  2. 特典航空券のキャンセル料が高い
  3. 国際線特典航空券の必要マイル数は「ANAマイル」のほうが少ない

順番に解説します。

【デメリット①】出発30日以内になると必要マイル数が増加

【変動マイル制】ユナイテッド航空は、ANAのようにシーズンチャートはありませんが、変動マイル制で、直近での「出発(発券)」

必要マイル数【増加】します

上図だと「18日」を境に、必要マイル数が【500マイル】増えているのがお分かりになると思います(6K=6,000マイル

【デメリット②】特典航空券キャンセル料が「割高」

【キャンセル料】基本的には【無料】なのですが、出発「30日以内」になると

125米ドル

ちなみに、ANAだと一律【3,000マイル】になっており「良心的」です

【デメリット③】国際線特典航空券の「マイル」が”ANAより多く必要”

【国際線特典航空券】日本国内では非常に優秀なUAマイルですが、「国際線」になるとANAマイルのほうがコスパがよいです。

例えば・・・

【日本⇆ハワイ(ホノルル)】便「エコノミークラス」場合

  • 【ANA必要マイル数】50,000~65,000マイルシーズンチャート制
  • 【UA必要マイル数】55,000~130,000マイル変動マイル制

このようになっており、ANAは「ハイシーズン」でも【65,000マイル】と割安

但し、ANAマイルは「国際線の場合」往復で予約する必要があります!

【メリット】UAマイルは【片道】でも予約可能です

【まとめ】マイレージプラスセゾンカードは”最強カード”

ユナイテッド航空:最新ビジネスクラス「ポラリス」
  • 業界最高水準の「還元率1.5%」
  • マイルに「有効期限なし」
  • ANAより「少ないマイル数」で特典航空券使える
  • マイレージプラスは複数種類が存在

意外と⁈知られていない、ユナイテッド航空

マイレージプログラム

簡単にマイルを貯まり、ANA便の【国内線特典航空券】として使用できます。

マイルを貯めて飛行機に乗る方法としては

まさに『最強のカード』

あなたも【1枚】持っておきませんか⁈

\入会キャンペーンは3/31まで/

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました