【the room】片道93万円ANAビジネスクラス搭乗記!HND-JFKレビュー(2023年4月)

ANAマイル

つい先日、陸マイラーとして”が叶いました!

それが「いつかは乗りたい」と思い続けて約5年……それが最新ANAビジネスクラス

【the room(ザ ルーム)】

これは、世界1.2位を争うくらい人気”かつ”快適”ビジネスクラスとしても有名です。

人気な理由として・・・

  • 完全個室タイプのプライベート空間がある
  • ファーストクラスに負けない座席スペース
  • 世界初4K23インチモニター採用

などなど。

他にも豪華な機内食など用意されており【ファーストクラスと遜色ない】使用になっています。ちなみに、他にエアラインで、人気があるのが「カタール航空」

Qsuiteは機材によるので事前にチェック!

【Qsuite(Qスイート)】

こちらも大変人気なっており、日本発着でも搭乗可能です。<成田・羽田・関西(2024年3月~)>

・・・そんな最新ビジネスクラスの最高峰”ANA【the room】”を徹底レビューしていきます。

記事の流れはこちら

  1. the room就航先のご紹介
  2. ANAラウンジ
  3. シート
  4. Wi-Fiとアメニティ詳細
  5. 機内食
  6. まとめ(感想)

【機内の様子】こちらのみご覧になりたい方

上リンクより飛ばして読んでくださいね!

  1. 【就航先は3路線】the roomは羽田発「北米と欧州」のみ。今後はB777-Xにも⁈
    1. 【座席で注意】進行方向に対して偶数「前向き」・奇数「後ろ向き」あり
    2. 【2025年導入予定】ボーイング777-Xにもthe room⁈最新機種は翼が「折り畳み式」
  2. 【ANAラウンジ】入室条件は「プレエコ以上」もしくは「プレミアステータス以上」「SFC会員」のみ
    1. 【できること】ラウンジ内は食べ飲み放題。シャワールームやキッズルームも完備!くつろぐなら早めに入室しよう。
    2. 【ラウンジ訪問記】実際に訪れた際の状況をレビューします。
  3. 【シート&機内設備】マジでヤバい!快適すぎる空間に感動。2人座れるスペースあり!
    1. 【シート】個室タイプでは最高クラス!
  4. 【機内販売】期間限定「20%オフ」キャンペーン中!しかし「村尾」の販売なし
      1. 【期間限定】鹿児島幻の3Mの1つ。焼酎「村尾」は現在なし。販売対象はビジネスクラス以上の搭乗者)
  5. 【アメニティ&WiFi】グローブトロッターのケース付き。お土産にも最適。
    1. 【通信速度】Wi-Fiはネットを開く程度なら可。動画は難しいレベル
  6. 【機内食】和食と洋食の選択制。今回は「洋食」を選びました。お酒は和洋酒+ノンアルコール豊富!
    1. 【アミューズ】お酒のおつまみとして最高
    2. 【アペタイザー】ワインか日本酒のお供にいただきます。
    3. 【メインディッシュ】お肉ならやはり「赤ワイン」でしょう!!
    4. 【ブレッド】ちゃんと温めてくれています。
    5. 【デザート】チーズはシャンパンかワインと共に・・・
  7. 【夜間帯】就寝はビジネスクラス以上の「本領発揮」マジで快適過ぎるシートです。
    1. 【フルフラットしてみた】快適な睡眠で「疲れなし」翌日もスムーズに動けた。
  8. 【機内ラウンジ&夜食】後方には「ドリンク」や「おつまみ」などを用意。小腹が空いたらオーダーも可能!
    1. 【いつでもオーダー】小腹が空いたら「好きな時」に色々食べられます。
  9. 【2回目食事】そろそろ到着。名残惜しいフライト…またthe roomに乗ると決心!
  10. 【到着】到着から機外に出るまでちょい時間かかました。
  11. 【まとめ】the roomは一度体験すべし!最高のフライトと時間を提供してくれます。

【就航先は3路線】the roomは羽田発「北米と欧州」のみ。今後はB777-Xにも⁈

【機材はB777-300ER】

the roomは国際長距離路線のみに導入されており、アジア等の短中距離路線には、導入されていません(2023年4月現在)

2023年3月26日~夏ダイヤより導入されている路線がこちら

2023年the room運航予定表

※ロサンゼルス線とシカゴ線は2023年3月25日にて終了。

  • 【北米】羽田⇔ニューヨーク間(NH110/NH109)毎日運航
  • 【北米】羽田⇔ニューヨーク間(NH160/NH159)8月まで週3便、9月より毎日運航
  • 【北米】羽田⇔サンフランシスコ間(NH108/NH107)毎日運航(新ルート)
  • 【欧州】羽田⇔ロンドン間(NH212/NH211)毎日運航

【筆者搭乗フライト情報】

【各項目】【スペック】
機材B777-300ER
路線羽田(NHD)→ニューヨーク(JFK)
便名NH110便(77W)
搭乗時間11:00~10:55
フライト時間12時間55分
搭乗クラスビジネスクラス(the room)
座席14C
必要マイル数85,000マイル(レギュラーシーズン)
金額929,470円

【座席で注意】進行方向に対して偶数「前向き」・奇数「後ろ向き」あり

【偶数が前向き】

これを知っておかないと、実際搭乗した際に「あれっ」となりかねません……。気になる方はご注意ください!ちなみに座席指定の画面でも確認できます。

【後ろ向き席】

表示されている(赤カッコ)で、お分かりになる思います。ちなみに私の搭乗便「前向き席」は満席でした。みんなお金持ちですね~(笑)

【2025年導入予定】ボーイング777-Xにもthe room⁈最新機種は翼が「折り畳み式」

【ANAは20機発注】

20機のうち2機は「貨物機(F)」に発注を変更しています。(F:フレイター”貨物”という意味)

  • ANAHDは、長距離国際線機材777-300ERの後継機として、777Xの導入を2014年3月27日に発表
  • 同年7月31日に正式発注。777Xはメーカー標準座席数が2クラス384席の777-8と、426席の777-9の2機種で構成
  • 777-9から開発が進められている。ANAHDが2014年に発注したのは777-9で、現行機777-300ERよりもやや大型化する。

この機材に将来「the room」が導入されるかは不明ですが、the room自体が”まだ新しい座席”なので確率的には高いのでは⁈予想しています。

【ANAラウンジ】入室条件は「プレエコ以上」もしくは「プレミアステータス以上」「SFC会員」のみ

【ビジネスクラスは入室可】

ANAラウンジは2つ存在します。それがこちら↓

このうち1の【スイートラウンジ】「ダイヤモンドステータス」「ファーストクラス搭乗者」のみしか入室できません…

よって、今回【ANAラウンジ】利用させて頂きました。ちなみに筆者はSFC修行を実施。

【SFC(スーパーフライヤーズ)会員】

これにより「エコノミークラス」であっても【ANAラウンジ】利用できます。ラウンジ入室基準は以下をご覧ください。

【できること】ラウンジ内は食べ飲み放題。シャワールームやキッズルームも完備!くつろぐなら早めに入室しよう。

【サービス一覧】

以下ようなサービスがラウンジ内にて受けられます

  • 食事・飲み物の提供(一部オーダー式)
  • シャワールーム利用(予約制)
  • ダイニング・バー利用
  • 雑誌・新聞のデジタル版利用
  • コピー・FAX利用
  • キッズルーム利用

【ラウンジ訪問記】実際に訪れた際の状況をレビューします。

114番ゲート付近のラウンジ入口

【羽田には2ヶ所】

ANA LOUNGE(北)ANA LOUNGE(南)
営業時間6:30〜13:30
20:00~25:00
5:00〜25:00
(ANA運航の最終便出発まで)
場所114番ゲート近辺
(146番ゲート手前)
110番ゲート近辺
座席数約300席約400席
シェフサービス寿司カウンター(9:00~10:30)なし
シャワールーム6室7室
混雑状況
(時間帯や日時による)
比較的少ない比較的多い

【シャワールーム】

ラウンジ受付カウンターで申込し、入室後すぐに利用させて頂きました。待ち時間はありませんでした。

すると、上のような「紙とシャワールームの鍵」が入ったクリアファイルを渡されます。

シャワールームはこんな感じ。

アメニティはシェアするタイプ。メーカーは「ポーラ」

歯ブラシ、カミソリ、くし、ヘアキャップなど一通りのアメニティはありました。化粧水や乳液は「雪肌精」(ANAビジネスクラスのトイレにもありました)

【食事】

サンドイッチやサラダが個別包装されています。

おにぎりやおいなりさん。

サラダのシェアするタイプ。

ホットミールもあります。(訪問した時間は午前中だったので朝食メニュー中心でした)

【飲み物】

各種お酒も一通りあります。この他にビールサーバーがあり”一番搾り”と”スーパードライ”ありましたよ!

【寿司カウンター】

アジ・サーモン・エビの3種セット。事前情報では「お茶漬け」と聞いていたんですが、変わったようです。ある意味ラッキーでした(笑)

筆者が食べたものがこれ!一時、日本食を食べる機会が減るのでかみしめて頂きました。サーモンとカレーは特に美味しかったです。あとは普通かな…(笑)

  • 114番ゲート付近のラウンジはヌードルバーがないっぽい⁈ので、麺類を食べたい方は110番ゲート付近のラウンジがおすすめ!
  • 寿司カウンターは114番ゲート付近のみ⁈でした。

【110番ゲート付近のラウンジ】

ラウンジをはしごしました。上はラウンジからの眺め↑

ヌードルバーのメニュー表。

ここで「注文」「受取」をします。

座席には「QRコード」が貼っており、スマホからでも注文できます。

スマホの注文画面「トップ画面」。

筆者が訪れた際の「シャワールーム」順番待ちは4人でした。

先ほど、114番ゲート付近のラウンジである程度食べ物を頂いたので、ここでは”そばのみ”頂きました。(オーダーした器は少なめになっています)

【シート&機内設備】マジでヤバい!快適すぎる空間に感動。2人座れるスペースあり!

【B777-300ER】シートマップがこちら(下は全212席)↓

  • ファーストクラス:8席
  • ビジネスクラス:64席
  • プレミアムエコノミー:24席
  • エコノミークラス:116席

このようになっており「ビジネスクラス」がかなり場所(半分くらい)を取っているのがわかります(青線区間)

この中で筆者の座席

【14C】前向き座席

こちらを確保しました。(欲を言うともう少し前席を選択したかったのですが、既にいっぱいでした…)

窓からの眺めはこんな感じ。

若干、翼がかかっています。奥にはルフトハンザ航空「B747」が見えますね!

ちなみに、搭乗率はビジネスクラス9~10割のほぼ満席の状態でした。

【シート】個室タイプでは最高クラス!

【広さ】

足を延ばしても全然届きません。広々した空間です。

【プライベート空間】

上からは見えるもの「ドアを閉める」と、自分だけの空間ができあがり。隣の人と目が合うこともありません。

【モニター&IEF】

モニターは4K23インチ。4Kモニターを導入したエアラインはANAが世界初らしいです。

IEF(機内エンターテインメント)映画等も豊富。ついこの間まで劇場公開されていた【”ホイットニーヒューストン”や”オットーと呼ばれた男”】がラインナップされていました。

【電源類】

ユニバーサルタイプの電源&USBポートが画面横にあり。座席横にもUSBポートがあるので、寝ている時でも充電しながらスマホが触れます。

しかしながら、HDMIポートは使用できず(写真右下のところ)。保存しておいた「YouTube」をケーブルで繋いで大画面で見る予定だったのですが…

【ヘッドホン】

SONY製ノイズキャンセリング付きのヘッドホンでした。ノイズキャンセリングで周囲の音はほとんど聞こえません。

【トイレ】

日系らしく「シャワー付きトイレ」が完備

洗面台には歯ブラシなどちょっとアメニティもあり便利です↓

【機内販売】期間限定「20%オフ」キャンペーン中!しかし「村尾」の販売なし

【4/30まで】

商品限定ですが、機内販売を「プリオーダー(事前予約)」すると20%オフになるキャンペーン中でした。対象商品がこちら(一部)

  • 小玉醸造 杜氏潤平 黄金まさり:機内販売価格(¥3,500→¥2,800)
  • ラコステ アンナ リバーシブル トートバッグ:機内販売価格(¥13,500→¥10,800)
  • モンブラン MY モンブラン ナイトフライト コインケース付きウォレット 9cc:機内販売価格(¥38,500→¥30,800)
  • パーカー ソネット アトラスCT スペシャルエディション ボールペン:機内販売価格(¥24,000→¥19,200)

自分は購入しませんでしが、お土産として喜ばれるのではないでしょうか⁈

【期間限定】鹿児島幻の3Mの1つ。焼酎「村尾」は現在なし。販売対象はビジネスクラス以上の搭乗者)

プレミア価格になっている。幻の焼酎「魔王」「森伊蔵」そして「村尾」。ANAは独自の販売ルートを持っているらしく【定価】で販売することがあります。

5合瓶【4,200円】

残念ながら、こちらの商品は2023年2月でプリオーダーサービスは終了してしまいました……(11.12月限定で復活します!予約開始は10/22~

ちなみ、JALは【森伊蔵】

これも【定価】で購入できます。

【アメニティ&WiFi】グローブトロッターのケース付き。お土産にも最適。

【アメニティ中身】

これらのものが入っていました。

  • NAオリジナル「グローブ・トロッター」ポーチ
  • SHIROゆずフェイスミスト10ml
  • SHIROゆずリップバーム4g
  • 歯ブラシセット
  • アイマスク
  • イヤプラグ

【筆者のアメニティ】

この色がもらえました。

中身はこんな感じ↓

使用しても、しなくても持ち帰りが可能です。

またアメニティの一部はCAさんに言えばもらえたりします。余分に欲しい方は訪ねてみてくださいね!

ちなみに、こんな【貸出サービス(数量限定)】あります。快適な空の旅を過ごせます!数量限定のためサービス利用したい方はお早めに……。

実際に筆者も借りましたが、機内ではかなり快適に過ごすことが出来ました!

【通信速度】Wi-Fiはネットを開く程度なら可。動画は難しいレベル

【フルプランは19.95米ドル】

料金は2種類あり、B777-300ER一部機材ではデータ制限がなくなっています。料金はこんな感じ↓

プラン名料金(USドル)制限データ容量
30分プラン$4.9515MB上限
1時間プラン$8.9530MB上限
フルフライトプラン $19.95100MB上限

【一部B777-300ERの機材】料金表

プラン名料金(USドル)制限データ容量
30分プラン$6.95上限なし
3時間プラン$14.40上限なし
フルフライトプラン $18.80上限なし

フルフライトプランの購入を考えているのなら、離陸したらすぐに契約することをおすすめします!

【使用容量の目安】

  • 1MBあたり、ANAウェブサイトトップページ 約4ページ閲覧分
  • 300文字程度のテキストメール 約200通分

【支払方法&使用時間帯】

  • クレジットカードのみ(VISA・MASTER・DISCOVER・AMEX・JCB・DINERS)
  • 離陸の約10分後から着陸の約10分前まで

【通信速度はこんな感じ】

機内で記事を書いていましたが、画像アップロードはちょっと時間がかかる感じでした。

【機内食】和食と洋食の選択制。今回は「洋食」を選びました。お酒は和洋酒+ノンアルコール豊富!

【離陸2時間後】

CAさんに機内食のオーダーを聞かれ、事前に決めておいた「洋食」を選択。本フライトでのメニューがこちら↓

【洋食メニュー】

  • 【アミューズ】ANAオリジナルスティックと柚子大根と鶏肉の甘酢漬け
  • 【アペタイザー】蟹のサラダとマグロの生ハムハーブソース
  • 【メインディッシュ】ビーフプレゼ赤ワインソースor甘鯛のポワレグリーンリゾーニと生姜の香るクリーミーソース
  • 【ブレッド】バケットとソフトカンパーニュ(御飯、味噌汁、香の物も用意可)
  • 【デザート】フレーズビスタ―シュとチーズ(フレッシュ、セミハード、ブルー)とフルーツ

このようになっており、自分のメインは【肉】一択です(笑)

【ドリンク】

お酒は豊富で、日本酒は2023年3月~メニュー変更したようです。

【アルコール(一部抜粋)】

  • 【日本酒】農口尚彦研究所山廃美山錦、風の森ALPHA2、純米大吟醸広島錦 
  • 【焼酎】川越(芋)、華むぎ社谷(麦)
  • 【シャンパン】シャンパーニュ・カステルノー・キュヴェ・ブリュット・レゼルヴ(フランス)
  • 【赤ワイン】シャトー・スーヴェラン・メルロ(アメリカ)、マックス・レゼルヴァ レッド・ブレンド 2017(チリ)
  • 【白ワイン】シャトー・サン・ミッシェル シャルドネ・ミミ(アメリカ)、ヴァス・フェリックス ソーヴィニヨン・ブラン セミヨン 2016(オーストリア)
  • 【ウイスキー&スピリッツ】サントリーウィスキー響、シーバスリーガル12年、サントリーアイスウオッカ、
  • 【ブランデー&リキュール】カミュVSOP、コアントロー
  • 【ポートワイン】キンタ・デ・ラ・ロサ・フィネスト・リザーヴ・ポート

ネットで販売価格を調べてみると、相場はだいたい【3,000~6,000円】辺りの商品が多いです。ちなみにファーストクラスだと・・・

「プレミア価格」のお酒

提供されます。

【アミューズ】お酒のおつまみとして最高

「ANAオリジナルスティックと柚子大根と鶏肉の甘酢漬け」ゆずの香りがしっかり効いてて、お酒のつまみにピッタリ。

お酒はシャンパン「シャンパーニュ・カステルノー・キュヴェ・ブリュット・レゼルヴ(フランス)」を頂きました。

機内でのお約束的な写真を撮りました(笑)

【アペタイザー】ワインか日本酒のお供にいただきます。

「蟹のサラダとマグロの生ハムハーブソース」 正直、カニの味はあんまりわからず…。まぐろとハーブソースがよくマッチして美味しかったです。

これには白ワイン「シャトー・サン・ミッシェル シャルドネ・ミミ(アメリカ)」

ほのかな甘みもあり、非常に飲みやすく、今回頂いたワインで個人的には一番好きでした。

【メインディッシュ】お肉ならやはり「赤ワイン」でしょう!!

「ビーフプレゼ赤ワインソース」。お肉がホロホロで、切ってありナイフは必要なかったです。味付けは文句なしで美味しかったです。付け合わせの野菜ともよく合います。

【赤ワイン】マックス・レゼルヴァ レッド・ブレンド 2017(チリ)。中々パンチが効いてて、辛味が強いお酒。自分はちょっと苦手が感じでした。

でも、お肉とはよく合い全部頂きました(笑)

【赤ワイン】シャトー・スーヴェラン・メルロ(アメリカ)。こちらのほうが、クリアな感じ。甘みもあり、個人的にはこちらの赤ワインの方が好みでした↓

【ブレッド】ちゃんと温めてくれています。

「バケットとソフトカンパーニュ」バターやオリーブオイルをつけて頂きました。パンが温かくバケットは、お肉のソースもつけて頂きました。

【デザート】チーズはシャンパンかワインと共に・・・

「フレーズビスタ―シュ」。ラズベリーソースとムース状デザート。コーヒーと共に頂きました。(コーヒーはディカフェを飲みました)甘すぎず、ペロリでした…。

【総合評価】

  • 【提供時間】ビジネス搭乗者が多く、次の料理がサーブされるまで若干時間がかかりました。
  • 【味付け】文句なしで美味しかったです。
  • 【サービス】お酒の銘柄内容も説明してくれたり、接客は申し分なかったです。

【夜間帯】就寝はビジネスクラス以上の「本領発揮」マジで快適過ぎるシートです。

【東京西川製】

寝具にもこだわりをもっているようです(※ベッドパッド→the roomでは違うものを用意

  • 【ベッドパッド】東京西川「エアーサイクロン」雲の上のような最高の寝心地を提供( BUSINESS STAGGEREDのみ)
  • 【コンフォーター(掛布団)】丸八グループの国内工場で仕上げ。吸湿・放湿性により快適な睡眠をとることができる
  • 【枕】二層構造。中材に良質な羽毛を詰め込んでいる

【フルフラットしてみた】快適な睡眠で「疲れなし」翌日もスムーズに動けた。

身長約180㎝くらいあるのですが、足を延ばしても届きません横やうつぶせ寝でも問題なく快適に寝ることができました。

ドアを閉めると「個室空間」の完成です。これはファーストクラスといってもいいでしょう!

【機内ラウンジ&夜食】後方には「ドリンク」や「おつまみ」などを用意。小腹が空いたらオーダーも可能!

【ギャレーに置いています】

基本的に食べ飲み放題。もちろんCAさんを呼んで、食べ物や飲み物をもらうことも可能。それが次の記事↓

【いつでもオーダー】小腹が空いたら「好きな時」に色々食べられます。

【空飛ぶ一風堂】

けっこうな人が食べていました。ANA夜間食として有名。自分も頂きました!

「プラントベース(植物)」らしいのですが、そんな感じもせずこれが空の上食べられるなんてすごすぎです!ちなみ「フルーツ」も別途注文しました(ラーメン右)

【他にも色々あり】

【ヘルシーかつ丼】

これも代替え肉(植物)らしいですが、知らないとわからないレベルクオリティー!しっかり温められていて、おいしくいただきました。

お酒が飲み足りない方などは、チーズ盛り合わせなどもあります。大食いの人は全メニュー制覇してみては⁈

メニューはこんな感じ↓

  • 【軽い食事】スパイシーチキンのサンドイッチ、”ヘルシー”かつ丼(肉不使用)
  • 【スープ】コーンスープ、茅乃舎野菜スープ
  • 【麺類】一風堂プラントベースラーメン~プラトン~
  • 【リフレッシュメント】チーズ(フレッシュ・セミハード・ブルー)、ハーゲンダッツ、フルーツ、ヨーグルト、シリアル
  • 【おつまみ】ミックスナッツ、米菓子、フォンダンビスキュイ

【2回目食事】そろそろ到着。名残惜しいフライト…またthe roomに乗ると決心!

【朝食】

到着2時間前になり、2回目の食事が提供されました。朝食は「和食」「洋食」「コンチネンタルブレックファスト」3種類から選べます。メニューがこちら↓

【洋食】

  • 【メインディッシュ】フリッタータ トマトソース
  • 【ブレッド】クロワッサン、フレーズロール
  • 【フルーツ】

自分は上メニューにしました。ちなみに洋食との違いは【メインメニュー】のみです(コンチネンタルのほうがやや軽めの食事とCAさんが言われていました)

パンの「フレーズロール」。ラズベリー⁈味で、美味しく気に入りました。メインは大きめのポテトがゴロゴロ入ってて意外とお腹に貯まります

【初心者必見】ANAマイルよりお得に貯まる&使える「UAマイル」ご存知ですか⁈詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

【到着】到着から機外に出るまでちょい時間かかました。

【JFKは離発着多い】

到着して約15分程度で、空港内に入れました。入国するまでさらに20分程度要しましたが、特に問題なくスムーズ入国できました。

この後エアポートライナー&地下鉄で、ニューヨーク中心街に向かいました↓

【まとめ】the roomは一度体験すべし!最高のフライトと時間を提供してくれます。

【良かった点】

  • 個室空間で座席も広く、快適なフライトだった。
  • 食事内容も充実。非常に満足いく味付け。
  • CAさんの対応も丁寧

【改善点】

  • 食事のサーブ提供がやや時間を要した

「the room」乗りたくなりましたか⁈

今回、航空券を購入すると

「約93万円」します。

しかし、マイルなら「75,000マイル」にて搭乗可能です。無論、私自身購入は無理です(笑)

マイルなら誰でも「簡単」に貯められます。あなたもマイルを貯めて極上の移動体験してみませんか⁈旅行の概念が変わりますよー!

【最大還元率1.5%】マイレージプラスはご存知ですか⁈ANA便もマイルで搭乗可。詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

以上、参考になればうれしいです。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました