【マイル応用編】ストップオーバー&オープンジョーのルール「ANA特典航空券」価値を”ぐっ”と高める裏ワザ!

ANAマイル

ANA特典航空券は、JALマイルに比べ

貯めるより、使う方が難しい

陸マイラーの間では、周知の事実

ルールが「複雑」であり、座席確保も「厳しい」ことが知られています

そんなANA特典航空券ですが、【複雑】であるからこそ、使い方”知っている”人

【お得】に使用できる

ことも、また事実です

本記事で、ご紹介する【裏ワザ】的方法

  • 「ストップオーバー」(途中降機)
  • 「オープンジョー」

これらを使用すること、旅行における【選択肢】

劇的に増えます”

どういうことか⁈結論は・・・

「複数都市観光」できる

わかりやすくお伝えするため、以下の順番で解説していきます↓

  1. ”スターアライアンス”メンバーを利用して「複数都市」を経由する
  2. 特典航空券を使いこなす①:「トランジット(乗継)」
  3. 特典航空券を使いこなす②:「ストップオーバー(途中降機)」
  4. 特典航空券を使いこなす③:「オープンジョー」
  5. 国際線特典航空券:「実際の予約方法」

”スターアライアンス”メンバーを利用して「複数都市」を経由する

【ANA国際線特典航空券】すべての座席が、利用できるわけではなく、飛行機「1機」あたりの

”座席開放枠”

決まっており、特に上級クラスはすぐに埋まってしまうのが難点

例えば・・・ホノルル便”ビジネスクラス”の座席開放枠は

平会員だと2席のみ

かなりの”激戦”です

ANA「共同運航便」の”スターアライアンスメンバー”を使用する

ANA以外の飛行機で、スターアライアンスメンバー「ANA共同運航便」であれば

特典航空券で乗ることも可能

更に「乗り継ぎ」を利用すれば、ANAが就航していない路線も、旅行できるので

旅行範囲”や”選択肢

激的に増えます。

その「乗り継ぎ」の”ルール”を順に解説します!

ANA特典航空券を使いこなす①:「トランジット(乗継)」を利用する

【トランジット(乗継)】「ルール」は以下の通り

出発地からの必要マイル数

「最も高い地点を目的地」

とします(上図であれば、ロサンゼルス)

【メリット】24時間以内であれば、日付をまたいでの乗り継ぎも可能。

つまり・・・

実質”1泊”旅行が可能

ANA国際線特典航空券「トランジット(乗継)」詳細ルール

【トランジット(乗り継ぎ)】は回数が決められています。こちら↓

  • 【国内線】:往復ともに2回
  • 【国際線】:往復ともに2回

但し、下図(右)のように「同じ都市」経由は利用できません

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5773ff3e4394565584224a89e79dbe0a-1-1024x445.png

このルールを使用することで、ANAが就航していない都市でも、マイルを使用して

観光にいくことが可能

但し、「スターアライアンス加盟」エアラインが運航している都市に限ります

【豆知識】「乗り換え(24時間以内)」と「経由」の違い⁈

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 561b2e0e1b7c17bd475cae1119070061-1024x348.jpg
出典:世界一周NAVI イカロス出版
  • 【乗り換え】たとえば、片道2区間利用する際に飛行機の便名が変わること
  • 【経由】機材が変わっても、同じ便名で目的地までいくこと

ANA特典航空券を使いこなす②:「ストップオーバー(途中降機)」を利用する

【ストップオーバー(途中降機)】乗り継ぎ

24時間以上滞在すること

よって、24時間以内だと”乗継”になります

【ストップオーバー(途中降機)】「ルール」は以下の通り

例えば、上図(左)では・・・

復路で「東京」に24時間以上滞在

すること

24時間以内なら上図(右)も可

ANA国際線特典航空券「ストップオーバー(途中降機)」の詳細ルール

  • 【国内線】:不可
  • 【国際線】:往路・復路どちらか「1回のみ」可能

【裏ワザ】ストップオーバー(途中降機)のテクニック

”スターアライアンスメンバー”であれば、国内でも1回可能です。

【例】札幌→バンコクに行く場合

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e31720cf7250c9279933db9ea17815ea-1-1024x578.png

札幌(ANA)→東京(タイ航空)で”ストップオーバー→バンコクは可能なルート

【メリット】行きもしくは、帰りに本来の目的地以外に「複数観光」が可能!

これはかなりお得といえます。理由として・・・

本来、複数都市経由は「別途料金」かかりますが、マイルなら

”出発地⇆目的地のマイルのみ”

よってコスパもGood!です

ANA特典航空券を使いこなす③:「オープンジョー」を利用する

【オープンジョー】「到着地」に対して

次に搭乗する便の「出発地」が異なる

ことを差します。

【例】「成田→パリ」で飛行機に乗った場合

ユーロスターでロンドン移動

再びロンドンから、飛行機を利用などがあげられます↓

また、どんなに陸を”ジグザグ移動”しても

出典:世界一周ビジネスクラスBOOK イカロス出版

「直線距離」でマイル(距離)をカウント

もちろん陸移動は、どんな手段(飛行機・電車・車など)で移動しても構いません!

ANA国際線特典航空券「オープンジョー」の詳細ルール

  • 【国内線】:往路・復路ともに各2回まで可能(羽田→成田など)
  • 【国際線】:地上移動区間は1回の乗り換えと数える(途中降機も含まれる

【ANAの公式HP】”オープンジョー”して掲載されていませんが、注意書きで書かれており可能↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eab6f6f7926d59b262d7ee4a94307243-1024x303.jpg

※注意点として【同じエリア内】に限られます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e262759705af3889dc2124774506f92b-1-1024x485.jpg

【メリット】移動が短い区間は、電車などを利用することで、スムーズに都市経由しながら観光できる(ヨーロッパなど)

さらに、帰りも引き返さず、そのまま空港にいけるので

【時間節約】になります

ANA国際線特典航空券:「実際の予約方法」

【ANA国際線特典航空券】予約画面にて

”複数都市・クラス混在”

行きたいところを、「選択」していくのですが…、これが中々骨が折れます(笑)

理由は・・・

”希望通りの航空券が取りづらい

何回(何十回)も”ポチポチ”と根気強くすることで、ようやくルートが完成します(笑)

こんな感じ

まとめー特典航空券を最大限”お得”に活用しようー

出典:ANA公式ページ
  • 「トランジット」使用で複数都市観光できる
  • 乗り継ぎは「24時間以内」で、日付をまたプランも可能
  • ストップオーバー:「24時間以上」滞在すること
  • オープンジョー:到着地と出発地が異なること

いかがだったでしょうか?

特典航空券は駆使することで、フレキシブルな使い方ができることで

マイル価値を高める

ことが可能です

今のご時世が落ち着いたら

色々な観光都市”を巡る

お得な旅行してみませんか?

【マイラーだけが知っている】ANAマイルよりお得ANA便に乗れる「UAマイル」知ってますか⁈詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました