【フライトログブック】SFC(マイル)修行「旅記録」をしよう!CAさんと秘密のやりとり⁈

ANAマイル

飛行機に乗ると搭乗記録”を残したくなるのが「飛行機マニア」

その記録方法の手段として・・・

【フライトログブック】

ご存知でしょうか⁈

最近、再放送ですが・・・

「林修のニッポンドリル」

取り上げられました

これを使いこなすと

  • 「CAさんと話すきっかけ」になる
  • 「旅の思い出」になる

旅が”より楽しくなります

本記事では「フライトログブック」3つのポイント”をご紹介

  1. 「フライトログブック」とは?
  2. 「記入方法」と事前にしておくこと
  3. CAさんに渡す際の注意点

順番に解説していきます。

【フライトログブック】とはーパイロットの飛行記録ー

【フライトログブック】本来パイロットなどが

「飛行記録」するもの

キャビンクルーなどは持っています。

【記載項目】以下のようなものがあります。

  • 便名
  • 高度
  • 機種
  • ルート
  • 使用滑走路
  • 天候

・・・など、その日における

【フライト情報】すべて記載

しています

【フライトログブック】これらが書きやすいよう、”各項目”があらかじめ

既に用意されている

よって、【項目】に記入するだけとなっています

特にSFC(マイル)修行をしてる方

  • 「便名」
  • 「機種」
  • 「飛行ルート」

・・・などは”記録”しておきたいですよね⁈

ちなみに、私も「SFC修行」した際、”フライトログブック”ではありませんが、

スマホにデータ

残しています(スクショ)

【記入方法】フライトログブック”渡す前”にしておくこと

【記載方法】上図が”記載例”なのですが、実際に書くとなると

かなり項目」あります

慣れないうちは、時間がかかります・・・

特に直前で「機材変更」などあると”データが変わる”ため大変!

よって…

「事前にわかるものは先に書いておく

これが”鉄則”になります

事前に記入が”可能な”項目はこちら

ーチケットを見ればわかる項目ー

  • 搭乗日
  • 航空会社
  • 便名
  • クラス/座席番号
  • 出発着陸空港
  • 出発着陸予定時間

これらは”事前にわかる”ので「確実」に埋めてください

この他にも、調べればわかる情報として…

ー当日調べればわかる情報ー

  • 出発空港の天候/気温
  • 出発ゲート <搭乗口ゲート>
  • 出発時間 <飛行機が後ろ向きに動き出した時間>
  • 離陸時間 <離陸した時間>
  • 予定飛行時間

さらに、前項ご紹介した【フライトレーダー24】を使えば・・・

ーフライトレーダー24でわかる情報ー

  • 機種
  • 機体番号 

などがあります

【心遣い】CAさんは「ボランティアの一環」でしていることを忘れるべからず

【ボランティア】CAさんは「搭乗前~搭乗後」も含め、仕事で忙しくされています

書く項目の”空白”があると

仕事の手間”が増える

ため、埋められる所を埋めて渡すのが礼儀。

特に、書いてもらうのが”当たり前”ではなく、

「お時間があれば…」

この『気持ち』で渡すことが何より大事!

忙しい際は、「書けないときもある」と思っておきましょう

【注意点】CAさんに渡す時の「ポイント」

【ポイント】先ほど記載した通り、CAさんはフライト中は非常に忙しいです

以下のようなことを”気をつけて”おけば「親切」でありスマートです。

  1. 「チケット」を挟む
  2. 搭乗して「すぐ」に渡す
  3. 渡す際に「一言」添える
  4. 「避けた」方がいいCA

順番に解説します!

【ポイント】①:フライトログブックに「チケット」をはさんで渡す

【チケットをはさむ】CAさんが返却してくれる際

座席番号はどこか

確認する大変です

そのために「チケット」を挟んでおきましょう。

そうすることで

チケットの座席番号

見れば一瞬でわかり、スムーズです。

もし【電子チケット】なら事前に座席番号「必ず記入」しておきましょう!

チケットには「名前」が書いてあるので、メッセージに宛名を付けてくれるかもしれませんよー!

【ポイント】②:フライトログブックは「搭乗してすぐ」に渡す

【搭乗時に渡す】フライト中は、色々と忙しいので「フライトログブック」を書く時間は限られています

特に国内線の場合【飛行距離】

短いフライト

なるため、なおさらです

よって、CAさんが”自分のすきま時間”で書いていただけるよう、搭乗してすぐに渡すのが理想です。

満席」でかつ「短距離路線」では、渡すのを控えるのもマナーかもしれません

【ポイント】③:「一言」添えて渡すとGood!

【一言】CAさんの負担を”少しでも軽く”する方法として

「降機時に受け取ります」

このような”振る舞い”が、お互い気持ちよく、やりとりができます

【ポイント】④:「一番先頭左側」CAさんは避ける!

【担当ブロック】CAさんの仕事では、担当があります

その中で、一番先頭左側の方が一番のベテランの方で

「チーフパーサー」”機内CA最高責任者”

このため仕事も多いです。よって避けたほうが、いいかもしれません

まとめー楽しい”思い出”づくりに記録しよう!ー

  • CAさんとの”交流日記”「フライトログブック」
  • 本来パイロットが「飛行記録」を残すもの
  • 一般的には「旅の記録」として浸透
  • CAさんはあくまで「サービスの一環」で書いてくれている

現在も【フライト減便】が続いており、路線によっては

「搭乗率が少ないフライト」

多いかもしれません

この期間を利用して、【フライトログブック】始めてみませんか⁈

※フライトログブックは以下からも購入できます

マイルは誰でも簡単に貯めることが可能です!

【マイラーだけが知っている】ANAマイルよりお得「UAマイル」はご存知ですか⁈詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました