【マイラー常識⁈】マイペイすリボでANAカード年間費「割引&ボーナスポイント(マイル)」もらう!三井住友カード裏ワザ

裏ワザ

三井住友カードの”リボ払い

「マイ・ペイすリボ」ご存知ですか⁈

ANAマイラーなら、是非とも知っておきたい【裏ワザ】

これら”利用する”ことで・・・

  • クレカ年間費【割引】
  • Vポイント【ボーナスポイント】

上記サービスを、受けることができます!

えっ!リボ払いってやばくない⁈

思われた方!

確かに普通に利用すると”ヤバい”ですが・・・大丈夫!そうならない方法レクチャーさせていただきます

まず「Vポイントとは何か⁈」より、以下の順で解説させていただきます

  1. 【Vポイント】なにか⁈
  2. 【ANAクレカ】2つのマイル移行ポイント
  3. 【還元率】異なる3つのクレカ
  4. 【おすすめカード】ANAワイドゴールドカード
  5. 【マイ・ペイすリボ】年間費「割引」&「ボーナスマイル」もらう方法

【マイ・ペイすリボ】裏ワザ”方法”のみ知りたい方

記事を飛ばして、読んでくださいね!

【Vポイント】有効活用する方法は以下の記事をご覧くださいね↓

【Vポイント】とは何か?ー交換するならマイル一択ー

【Vポイント】三井住友カード「Vpass」でのポイントプログラム

カード決算すると通常カード

200円1ポイント【還元率0.5%】

加算されます

「Vポイント」使い方は支払いで

キャッシュバック

他社へのポイント交換

さまざな交換に使用可能

他社「ポイント交換先」一覧はこちら

上図をみて頂くとわかるように、必ずしも【等価交換】ではありません!中には・・・

「ポイント減少」交換先もある

注意が必要です!

【ANAマイル】三井住友カード内で、ANAカードは優遇されており「還元率が高い」のですが”裏ワザ”を使用することで

還元率「1.3%」

(※VISAワイドゴールドカード)

高めることが可能

これには、Vポイントの【仕組み】を知る必要があり、事項で解説します

【2種類】:Vポイントには「ANAマイレージ移行可能」と「通常」があるーANAカードー

【2種類】ANAクレカで貯まる「Vポイント」は、以下のような貯まり方をします↓

  • ANAマイレージ移行可能ポイント
  • 通常ポイント

2つ”あるのが、お分かりになると思います

これらは「マイル移行」する際、”還元率が異なります

それがこちらの下図

【マイレージ移行ポイント】上図より移行”還元率”は・・・

1ポイント→1~3マイル

【通常ポイント】こちらになると・・・

1ポイント→0.6マイル


【ANAカード以外】通常ポイント移行は還元率が0.1%下がり・・・

1ポイント→0.5マイル

【ANAカード】Vポイント→マイル交換率のまとめ

  • ANAマイレージ移行可能ポイント:1ポイント→【1~3マイル】
  • 通常ポイント:1ポイント→【0.6マイル】

【年間費】VISA ANAクレカのご紹介ーVポイントは三井住友カードー

【ANAカード】大きく3種類あります。

  • 【プラチナ】:年間費:88,000円「還元率1.5%
  • 【ゴールド】:年間費:15,400円「還元率1%
  • 【一般】:年間費2,200円「還元率0.5%

ちなみに・・・【ワイドカード】は「還元率1%」になりますが、カードランク自体は

”一般カード”扱い

なります

【裏ワザ】①:「年間費」を割引する方法ーマイ・ペイすリボ&WEB明細を使うー

【年間費】安くする方法は2つこれらを「併用」することで大幅割引が適用されます!

  • WEB明細書
  • マイ・ペイすリボ

順番に解説します

【WEB明細書サービス】利用で翌年の年会費が減額される

【WEB明細書サービス】利用すると、「プラチナ&ゴールド」カードの場合

翌年「1,100円」割引

されます

【ANAカード】WEB明細サービス「割引」一覧はこちら↓

  • 【一般カード】:2,200円→1,650円(550円割引)
  • 【ワイドカード】:7,975円→7,425円(550円割引)
  • 【ゴールドカード】:15,400円→14,300円(1,100円割引)

【マイ・ペイすリボ】年1回以上の手数料支払いで”年間費が安くなる”

マイ・ペイすリボに登録し、年1回以上「リボ払い手数料」支払うことで

初年度から「年会費割引」

なります

  • 【一般カード】:2,200円→1,127円(1,073円割引)
  • 【ワイドカード】:7,975円→6,902円(1.073円割引)
  • 【ゴールドカード】:15,400円→11,550円(3,850円割引)

【ANAカードは×】前年度の「カード決済額」に応じて割引サービスあり

【決済額】前年度の利用額に応じて「割引」ありますが、「ANAカード」は残念ながら・・・

「対象外」です

【注意事項】こちら↓

これら3つを”活用”することで、以下のような「割引サービス」を受けられます↓

例:三井住友カードゴールドの場合

【マイラーはこれ!】「VISAワイドゴールドカード」がおすすめ!

【VISAワイドゴールドカード】私も”メインカード”の一つとして使用しています

現在は、SFC修行を無事「解脱」し、私の「ワイドゴールドカード」

スーパーフライヤーズカード

なりました!

【ANAカード】複数持つことが可能です。しかし・・・

「SFC」は1枚のみ

※あとで、変更は可能です

【SFC】ならマイラーに人気の

「ANAワイドゴールドカード」

おすすめします!

理由はこちら・・・・

【2つの割引】”限定”「ANAワイドゴールドカード」だけ利用可能

【2つの割引】前項目でお伝えした

  • WEB明細書サービス
  • マイ・ペイすリボ

年会費割引サービス

どちらか一方のみ

利用となります

しかし・・・『ANAワイドゴールドカード』限定で両方が適用でき、

年会費15,400円が→10,450円

4,950円割引

減額されます

もちろん「Vポイント」もゴールドカードなので

1Vポイント→「2マイル」

【ゴールドカード】メリットが、たくさんあるカード

【メリット】以下のような”特典があります

  • 各空港にある「カードラウンジ」に入ることが可能
  • フライトボーナスマイル」が一般カードより高い
  • 「旅行損害保証」が充実

上記以外にも、一般カードより多くのサービスを受けられます

【裏ワザ】②:「ボーナスマイル」をもらう!ー”金利”発生が必要ー

【マイ・ペイすリボ】いよいよ「本題」に入っていきます!

冒頭で説明した通り、「マイ・ペイすリボ」で金利を発生させることで

  • クレカ【年間費割引】
  • Vポイント【ボーナスポイント】

サービスを受けることができます!

大事な”コツ”は・・・

【1円以上】金利があればOK!

順番に方法を説明します。


※これから以下の説明は・・・

「マイ・ペイすリボ」に加入している

ことを条件に話を進めていきます!

【裏ワザ手順①】”電話”で金利を発生させる

自分はアナログな人間なので、月末に

クレカ明細”確定メール

来たら電話をしていました

※支払い日が”翌月10日”なので注意してください

【電話の流れ】こちら

  1. まずアナウンスに従って「支払い額の変更(増額する)」を選択
  2. コールセンターに「金利を1円以上で発生させたいので、1,000円残して全額支払い」と伝える
  3. もし金利が発生しない場合「いくら残せば金利が発生しますか?」と聞く

【金利(手数料)が気になる方】コールセンターの人が「他に何かありますか?」と聞かれたら

「金利(手数料)はいくらになりますか?」

聞けば教えてくれますよ!

【裏ワザ手順②】”ネット(アプリ)”で金利を発生させる

どちらかというと、こちらが「主流」だと思います

電話との「違い」は、以前なら

「1,000円単位」しか増額できない

という”デメリット”がありました・・・

【しかし】利用者が多く、オペレーターが大変だったのか⁈昨年10月以降、電話でも細かな料金はできなくなり

ネットと同じ「1,000円単位」

なってしまいました・・・

よって、ネットでしたほうが””です(笑)

以上を踏まえ、ネットでの手続き方法を

【画像付き】で解説します

【画像付き】”金利”を「数~十円のみ」発生させる方法ーマイ・ペイすリボー

三井住友カードのホームページより「リボ・分割&キャッシング」より

「すぐにお支払い金額変更を申し込む」を選択

「次回お支払い金額、最低お支払い金額」

「増額を申し込む」を選択

次回お支払い金額(最低お支払い金額)にご希望の金額を増額する

選択し→「次へ進む」

【最大ポイント】次が”大事”です!

「一部追加して支払う」を選択し

ご希望の追加お支払い金額○○万○○千円

入力します

ここで・・・

【1,000円残す】ようにして入力

例えば、支払い額「100,000円」なら

「99,000円」と入力

そし「確認する」を選択

【最後】金額を確認して、間違えなえれば「申し込む」を選択します。

お疲れ様でした!

これで【金利(手数料)】数~十円程度にて、マイ・ペイすリボ「ボーナスポイント」

1ポイント→【0.6マイル】

手に入ります!!!!!

ちなみに「受付は一回のみ」もし、変更したい場合は

コールセンターに電話にて

変更可能です

ちなみに、「増額」を忘れると・・・

『実質金利15%

高金利】支払う羽目なるので、くれぐれもご注意ください!

自分は一度忘れてて、いつもより多めの「手数料」を支払いしたことがあります(笑)

まとめーマイルを貯める”マメさ”が重要!ー

  • 【Vポイント】三井住友カード「Vpass内」ポイントプログラム
  • 【還元率】「ANAマイレージ移行可能」と「通常」2つのポイントが存在
  • 【おすすめ】「ワイドゴールドカード」は年間費割引がすごい
  • 【ボーナスマイル】マイ・ペイすリボで還元率「約1.3%」まで高められる

いかがでしたでしょうか⁈

最近、【改悪】続いている

三井住友カード

数年前までは”決済額”に応じて「還元率約1.7%」あり、大幅ダウンしました。

しかし、まだまだ使い方によって、マイルを貯めるには

必須カード

・・・というかクレカないと”マイル自体”たまりません(笑)

ANA】でも「入会キャンペーン」常時しており

「新規クレカ発行」

爆発的マイルを貯めるチャンス!

【キャンペーン内容】クレカで異なりますので、詳しくは以下の公式ページをご覧ください↓

「ANAカード初めて作られる方限定」

こちらから【お問い合わせ】頂くと入会時に、以下のマイルもらえます

500マイル(一般カード)」

2,000マイル(ゴールドカード)」

  • 名前や住所等は必要ありません。「メールアドレス」のみ分かれば”紹介番号”を折り返しお伝えします!
  • 【ANAカード紹介番号希望】コメント記載を必ずお願いします

【お得】ポイントサイトから発行することもお忘れなく↓

ハピタス】【モッピー】【ちょびリッチ

ポイントサイトが【わからない方】以下をご覧ください


【資産運用】Vポイントは「株式投資」でも貯めることが可能!

「つみたてNISA」でマイルたまる

詳しくは以下をご覧ください

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました