【旅行系クレカ5選】高還元率「1.5%」マイレージプラスがおすすめ!マイル”裏ワザ”もご紹介

その他

ポイ活を初めて5年burioです

「マイルをためる」ために今まで、さまざまな

「クレカ」発行してきました!

その中で、「旅行」「マイラー」なら、”絶対”持っておきたい【burioおすすめ】の

「クレカ5選

お伝えします。

これらを持ってると、「お得」に旅行ができます。

おすすめクレカはこちら↓

  1. マイルを貯める基本「ANAカード」
  2. 陸マイラーや旅行者に人気絶大「マリオットボンボイ」
  3. ポイ活をマイルに変える【魔法カード2選】ーマイル移行必須クレカー
  4. 【還元率1.5%】たまる”最強”カード「マイレージプラス」
  5. Vポイントとの相性が抜群!「ソラシドエアカード」

順番に説明します。

【裏ワザ記事】に関しては、各関連記事を記載しています。詳しくはリンクをご覧ください。

①【ANAカード】:マイルをためる”必須”カード

ANAマイルを貯める”には

ANAカード

ないと貯まりません。

カードのスペック

  • 【年間費】初年度無料(2年目以降2,200円
  • 【家族カード】初年度無料(2年目以降1,100円
  • 【還元率】0.5%「200円につき1ポイント(マイル)」

【ANAカード】カードブランドが「数種類」ある

いくつかの種類の中で筆者おすすめカード

「VISA/MASTER」

これらカードは「三井住友カード」と連携しており、”カード決済”すると

「Vポイント」がたまる

実際「マイル」をためるには

「Vポイント」→「ANAマイル」

交換が必要です。

【Vポイント】交換先がいくつかある

「ANAマイル」交換以外にも、さまざまな交換先が存在します!

交換先一覧

また「景品」「金券」等にも交換できます。

詳しくは以下をご覧ください↓

【ANAマイル】以外にも交換できる「マイレージ」がある

ANAマイル以外にも「4つ」のマイレージプログラムに、交換できます

その中で「おすすめ」の交換先が””で囲っている

「ソラシドエア」

実は「Vポイント」を交換することで”驚異”の「2倍」

【還元率200%

交換可能です!(後述します


【ANAカード】は「還元率0.5%」

あまり良くありませんが

2倍コース(別途6,600円)”

申し込めば還元率1%】まで上昇します。

2倍コースのちょっとした【裏ワザ】

「2倍コース」

”移行する時だけ”支払い

すればいいので、ポイントの

”有効期限が切れる直前”

2倍コースを申込し「まとめてポイント移行」すれば”コスト“を抑えられます。

【ANAマイル】ポイントの有効期限は【3年間】

「ANAカードを初めて作られる方限定」

こちらからお問い合わせ頂くと入会時に、

「500マイル(一般カード)」

「2000マイル(ゴールドカード)」

貰えます。

  • ※名前や住所等は必要ありません。メールアドレスのみ分かれば”紹介番号”を折り返しお伝えします!
  • ※「メールアドレス」以外は未記載で構いません
  • ※但し「ANAカード紹介番号希望」のコメント記載を必ずお願いします。

②【マリオットボンボイ】年間費以上の「豊富な特典」ー決済額の多い旅行者はおすすめ!ー

【マリオットボンボイカード】

【SPGアメックス】と呼ばれていたカードが一新しました(上図左の赤色カード

しかし、このカードを紹介しないわけにはいかないでしょう!「旅行好き」なら”一度は耳にしたことがある”と思います

カードのスペック

  • 【年間費】本会員49,500円 家族会員1枚目は無料
  • 【還元率】1%(100円につき「3ポイント」
  • 【マイル換算】1.25マイル60,000ポイントを”マイルに換える”とボーナスポイント15,000分がつく

【マイレージ】交換できるエアラインは

「40社以上と脅威的

もちろんJALANAも可能

ホテルグループ「Marriott Bonvoy(マリオット・ボンボーイ)」にポイント宿泊が可能!

有名ホテルチェーン

「リッツカールトン」「セントレジス」

”超”がつく【高級ホテル】ポイント宿泊できます。

年間費【初年度】からかかりますが、カード更新時に

「無料宿泊分のポイント(50,000P)」

付与されます

  • 【補足】改悪があり「年間150万円以上」決済しないと付与されなくなりました
  • 【補足2】改善もあり「年間400万円以上」決済した方は「プラチナエリート」になります

【無料宿泊】はMarriott Bonvoyの「ホテルカテゴリー」で異なります

カテゴリーオフピークスタンダードピーク
15,0007,50010,000
210,00012,50015,000
315,00017,50020,000
420,00025,00030,000
530,00035,00040,000
640,00050,00060,000
750,00060,00070,000
870,00085,000100,000

※詳しくは公式ページにてご確認ください↓

【追記】2022年3月以降、カテゴリー制度が廃止され、部分的”変動ポイント制”になるようです。(2023年に完全移行)

「ゴールエリート」に最初からなれる

このカードはマリオットグループに【年間25泊】しないともらえない「ゴールドエリート」に、

カード持つだけ

でなれます!

ゴールドエリート【特典】は以下の通り

マリオットボンボイは、随時「入会キャンペーン」をしています!

【2022年10月現在】入会後に3ヵ月以内に、「30万円以上」決済すると、合計で…

39,000ポイント付与

されるようです。

入会特典詳細はこちら

更に詳しい詳細は、公式ページをご覧ください↓

\【期間限定】入会キャンペーン中/

③ポイ活をマイルに変える【魔法カード2選】ーマイル移行必須クレカー

ANAマイル移行ルート「ニモカ」「みずほ」はそれぞれ少し”クセ”があります。ちなみに、マイル交換率は・・・

「70%」

交換できます。

ポイント(クセ)はこちら

  • 【ニモカ】:「函館」と「九州」人しか、”ポイント交換困難”
  • 【みずほ】:「カード2枚」&口座開設が必要

順番に解説します

【ニモカルート】特徴:「函館」と「九州」の人しか利用が難しい

「ANA VISA nimocaカード」

「ニモカルート」上図のカードが”必須”になります。

「ニモカ」は九州(特に福岡)を中心とする、いわゆる【交通系】カード

「ニモカルート」の”クセ”というのが、【マイル交換】する際、ネットや店頭などでは交換できず

【ポイント交換機】

使用する必要があります。

この「交換機」設置場所というのが”難関”で

「九州」「函館」

しかありません…

この「交換機」を使用することで

「ニモカルート」

使用でき、交換率「70%」で”マイル”になります!

【みずほルート】特徴:「2枚カード」が必要!

【JQカードセゾン】・右【みずほマイレージクラブカード/ANA】

【JQカードセゾン】:九州JRグループの発行している【交通系】クレカ

駅などに入っている「アミュプラザ」などで買物すると

「JRキューポ」

こちらが貯まります。

この「JRキューポ」を「永久不滅ポイント」に換えられる”唯一”のカードが「JQカードセゾン」なんです(還元率100%)

「JRキューポ」→「永久不滅ポイント」

「JQセゾンカード」詳細は以下をご覧ください↓


「みずほマイレージクラブカード/ANA」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 785163b70300da326692165b89ebe75b-1024x383.jpg

100ポイント=「350」マイル

※「永久不滅ポイント」1ポイント=5円分

【みずほマイレージクラブカード/ANA】 :このカードで「永久不滅ポイント」→「ANAマイル」還元率「70%」で交換できます!

※こちらのカード発券には「みずほ銀行」での口座開設が”必須になります。

詳細は以下をご覧ください↓

恐らく、現実的に「みずほルート」が今後【主力】になると思います!

【交換ルート】はこちら↓

「みずほルート」

これで交換率「70%」マイル移行可能です!

④【マイレージプラスカード】還元率1.5% たまる国内”最強”カード

【マイレージプラスカード】

決済でマイルが貯めやすい「高還元率カード」マイル還元率はかなり高く、最大

【還元率1.5%】

貯めることができるコスパ最強カード

特徴は以下の通り

カードは米国企業「ユナイテッド航空」のマイレージプログラムなのですが、実は…

ANA国内線「乗ることができる」

しかも、本家「ANA」より、特典航空券

”必要マイル数が少ない

さらに使い勝手が非常によいです!

意外と知らない方も多いのですが、非常に”おすすめカード”です

【マイレージプラスJCB】以下からご入会可能です↓

\入会キャンペーンは3/31まで/

⑤【ソラシドエアカード】”Vポイント”との相性が抜群!

【ソラシドエアカード】西日本を主体に運航しているエアライン

ANAとも「共同運航」しています

カードのスペック

  • 年間費:初年度無料(2年目以降1,250円)
  • 還元率:0.5%(200円につき1ポイント)(Vポイント)

【Vポイント】賢く使うことが”最大”のポイント!

【三井住友カード】提携カードは”決済する”とこちら

「Vポイント」

”Vポイント”は【ANA】と連携。「ANAカード」で決済した場合も「Vポイント」が貯まります!

他にも「ソラシドエア」「エアドゥ」とも連携しており、

それぞれの”マイル交換”可能

実際には、ANAマイル以外にも、4社”のマイルに交換が可能

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 22649f42b4fe81e63a3ba038645ecad4-1024x212.jpg
  • フライングブルーマイレージ:【1P→0.5マイル】
  • ブリティッシュ・エアウェイズエグゼクティブクラブAvios:【1P→0.5Avios】
  • エアドゥポイント:【1P→0.05P】
  • ソラシドスマイルクラブ:【1P→2マイル】

比較すると

「ソラシドエア」還元率が高い

ことがわかります。

Vポイントには「ANAマイレージ移行ポイント」と「通常ポイント」がある

ここで大事になってくるのが「Vポイント」

2種類”ポイントがあること!

ANAマイルを”貯めている方”:「ANAマイレージ移行可能ポイント」

ANAマイルに交換したほうがお得」

ANAマイルに交換(=100円につき1マイル)しましょう!

「通常ポイント」はANAマイルに交換すると、”還元率”が低い

【1P→0.6ANAマイル

「通常ポイント」あまり還元率がよくありません

しかし、この通常ポイントでも「ソラシドエア」

1P→2マイル(ソラシドエア)

交換ができます。

つまり「ポイント」が”2倍になります!つまり驚きの…

還元率【200%】

交換できます!

「Vポイント」は”ポイントサイト”のポイントでも移行できる

「ポイントサイト」のポイントをVポイント”に移行できる「ルート」

これでマイル錬金術が可能です!

【まとめ】目的に応じた「マイル&ポイント」貯め方をしよう!

  • 旅行を”お得”にする「カード5選」を紹介
  • 「移動」+「宿」が旅行代金で最も経費がかかる
  • クレカを使い分けすることで「コスパ良く」旅行できる
  • 「メイン決済カード」はいくつかに絞る

本記事では「マイル」主体でしたが、

「移動」「宿」

この2つを安くすることで

現地での使える「予算が増える」

より”楽しい思い出作り”ができます。

知らなかった方は、これらのクレカを手に入れて【お得な旅行】しませんか?

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました