【徹底比較】ANAマイルvsスカイコイン「最安値」で旅行できるのはどっち⁈

ANAマイル

ANAマイルは”色々な使い方”があります。

  • 特典航空券
  • スカイコイン
  • アップグレード
  • ANAショッピング利用(A-style)
  • ホテルクーポン
  • レストラン食事クーポン
  • レンタカークーポン
  • ビジネスジェット利用券

…など

これはほんの一部で、色々な使い方があります。詳しくはこちら

今回は、その中で「国内旅行」

”最もお得”な旅行は⁈

検証したいと思います。

尚、オプション等を入れる複雑すぎるので「移動(飛行機)+宿泊」で検証します。

今回比較するのは…

  1. 「特典航空券」+「ホテル予約(現金)」
  2. 「スカイコインで航空券支払い」+「ホテル予約(現金)」
  3. 「ANAツアー」を現金支払い
  4. 「ANAツアー」+「スカイコインで支払い」

今回この4つで検証します。

尚、「旅行先」と「日程」は…

旅行先【羽田⇆那覇】

日程「7月22日~25日」の三連休

を”2人で旅行”することを仮定とします。

パターン①:「特典航空券」+「ホテル予約(現金)」

ANA特典航空券は「シーズン」「飛行距離」によって使用できるマイル数が異なります。

今回は「羽田⇆那覇」の7月は「レギュラーシーズン」なので…

片道「9,000マイル」になります。※必要チャートが知りたい方はこちら

よって、2人で「羽田⇆那覇」を往復する場合は…

9,000マイル×往復×2人=36,000マイル

必要です。

ホテルは今回、「ハイアットリージェンシー那覇」にしてみました。

現在の価格は、旅行代理店の大手「リクルート」の”じゃらん”でみると…

スタンダードツインルーム(朝食付き)で144,000円になっています。よって

ー支払い合計ー

  • 飛行機:36,000マイル
  • 宿泊:144,000円

なります。

パターン②:「スカイコインで航空券支払い」+「ホテル予約(現金)」

「スカイコイン」って知っています?

マイルをANAサイトの中でのみ使える”仮装通貨”的みたいなものです

これは交換方法にコツがあり、一度に「50,000マイル以上」交換することで、最大

1マイル=1.7倍

に交換することが可能です。

「マイル」→「スカイコイン」交換一覧表

ANAゴールドカードを持っているだけで「1.6倍」まで交換可能になります。

「スカイコイン」を使用して航空券を購入します。

記事を書いている時点での最安値の航空運賃は…

77,040円となっています。

50,000マイルを1.7倍で「スカイコイン」に交換した場合、85,000スカイコインに交換できるので航空運賃を支払ってもあまります。

スカイコインはマイル交換後「1年以内」使い切らないと”失効”しますのでこの点だけ注意ください!!

「宿泊代」は現金なので前項と変わらず、144,000円です。

ー支払い合計ー

  • 飛行機:77,040スカイコイン(マイル1.7倍で交換)
  • 宿泊:144,000円

なります。

パターン③:「ANAツアー」を現金支払い

ANAツアーパックは正式名:「ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ」といいます。

これを使用することで「飛行機」+「宿泊」がセット割になることが多いです。

では同じように、今までと同じ条件で料金をみてみます。

※「飛行機」も、もちろん同じ時間(条件)です。

すると、このような金額が表示されました。

なんと・・・驚きの「145,000円」。安くないですか⁈

ANAのパッケージツアーは「飛行機代」+「ホテル代」セットでこの値段です

ちなみに、じゃらんでホテルのみ予約が「144,000円」です。

さらに、現在「タイムセール中」です(6月18日17時まで)

ー支払い合計ー

  • 「飛行機」+「宿泊」=144,000円
  • 144,000円ークーポン10,000円引き=134,000円

パターン④:「ANAツアー」+「スカイコインで支払い」

今回の記事で最もお伝えしたかったことはこれ!

ANAパッケージツアーは「スカイコイン」で支払いが可能なんです!

先ほどもお伝えした通り、スカイコインは最大

1マイル=1.7倍で交換

これに「パッケージツアーを利用」することで、更にお得に旅行することができます。

今回の例だと、旅行にかかる支払い額はクーポン使用後だと134,000円

これに、スカイコインで支払うと…

80,000マイル→136,000スカイコイン

にて交換することで、スカイコインで支払いができます

ー支払い合計ー

  • 旅行代金はクーポン使用後、134,000円
  • 80,000マイル→136,000スカイコインで支払い

ANAでは毎月29日「ANAにキュン!」と題してお得なイベントを開催!

時折「”29日限定”配布クーポン」を実施。このようなイベントを利用することで更にお得に旅行が可能です。

パターン①~④を「比較」してみる

今回検証してみた4つのパターンのおさらいです。

  1. 「特典航空券」+「宿泊予約(現金)」
  2. 「スカイコインで航空券」+「宿泊予約(現金)」
  3. 「ANAツアー」を現金支払い
  4. 「ANAツアー」+「スカイコインで支払い」

ー比較表ー

旅行パターン必要マイル数スカイコイン現金
1.「特典航空券」+「宿泊代現金」36,000マイル144,000円
2.「スカイコインで航空券」+「宿泊代現金」(50,000マイル)77,040スカイコイン144,000円
3.「ANAツアー」を現金支払い134,000円
4.「ANAツアー」+「スカイコインで支払い」(80,000マイル)136,000スカイコイン
※スカイコインはすべて「1マイル=1.7倍」にて交換した場合

こうやって比較すると「4」は

”80,000マイル”支払いのみ

最もお得に旅行ができますね。

ここでパターン①~④の「ポイント」を記載しておきます。

ポイント①:「特典航空券」が最安値の場合もある

移動(飛行機)だけで考えると、「特典航空券」がお得の場合が多いです。

しかし予約した「日程」「時期」航空運賃は常に変化します。よってお得に旅行した場合

「常に最新の情報をみておく」

がポイントです。

ー特典航空券の落とし罠ー

特典航空券は「座席開放枠」に限りがあるので、まだ座席(有償)で余裕があったとしても予約できないことがあります。

※特に「人気路線」「ハイシーズン」など

ポイント②:スカイコインは「有償航空券」と同じ扱いになる

「特典航空券」の場合だと座席開放枠に限りがあるので予約ができなくても、「スカイコイン」なら満席になるまで予約ができます。

特に人気路線「成田⇆ホノルル便」【ビジネスクラス】は座席開放枠が少なく激戦。

平会員だと・・・

”2席”しかありません。

しかし、「スカイコイン」だと有償航空券扱いになるので、満席になるまで予約可能です。

ポイント③:「クーポン」をうまく活用する

これも先ほど、取り上げましたが、ANAでは時折「限定クーポン」を配信しておりこれを有効活用することでお得に旅行ができます。

さらに、現在休止中ですが、「GoToトラベル」も利用できるので、これを組み合わせることで更にお得に旅行できます。

【まとめ】特典航空券が最もお得とは限らない。スカイコインを使いこなそう!

  • マイルの使用方法は多岐にわたる
  • 「特典航空券」だけがお得な使用方法とは限らない
  • 「スカイコイン」は使いかた次第
  • 「クーポン」を見逃さないように注意する

「国内旅行」でのマイルの使用方法についてご紹介しました。

但し、「海外旅行」ではほぼ100%「特典航空券」使用したほうがお得だと言えます。

マイルを貯めたからとすぐに「特典航空券」に交換する前に”一度下調べ”をしてからに発券することをおすすめします!

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました