【ANAカード】クレカおすすめは”この一枚”「SFC」をご紹介!ーあなたの一枚お探ししますー

ANAマイル

かなりの種類がある「ANAカード」

2021年10月現在、全部でなんと

62種類」(公式ページより)

あるようです(笑)

本記事では、数ある「ANAカード(SFC)」の中から

「あなたに合う”理想の一枚”」

を探す”きっかけ”になる、情報をお伝えできればと思います。

ちなみに、筆者おすすめの一枚はこれ!

「VISA/Masterワイドゴールドカード

こちらになります。

更に・・・

  • 「SFC修行」をされている方
  • これから「SFC修行をしよう」と思われている方

こちらの方々を対象に

「SFC会員」の仕組み

ついても、解説します。

…では以下順番で、お伝えしていきます

  1. 「SFC会員」の仕組み
  2. ANAカード(SFC)「3つのカテゴリー」
  3. おすすめは「ゴールドカード」
  4. あなたに「おすすめの一枚」はこれ!

以上の4つになります。

尚、「ANAカード」(SFC)の情報のみ知りたい方

ANAカード(SFC)「3つのカテゴリー」

まで記事を飛ばして、お読みください!

「SFC(スーパーフライヤーズカード)会員」の仕組み

「SFC」を発行(申請)するには「たくさん飛行機」に乗り、マイルとは別に付与される「プレミアムポイント(以下PP)」を貯めて

50,000PP以上の「プラチナステータス」

になる必要があります。

「50,000PP分」飛行機に乗るためには

金額ベースで「500,000円」前後必要

必要で、1PP単価あたり「10円以下」「優秀」と言われています。

【SFCの仕組み】:「家族」もSFC会員になれる!

「プラチナステータス」とほぼ、同様のサービスを受けられる

「SFC」

実は「家族」もSFC会員になれるんです。

その方法とは…

「家族カード」を発行するだけ

これだけで、「家族」もSFC会員と同じサービスを受けられます。

更に【ANAラウンジ】

羽田空港「ANAラウンジ」

本人+同行者1名」

入室できます。

例えば、「4人家族」(夫と妻+子供2人)

夫(本会員)と妻(家族カード)を「1枚づつカード」を持っていたら、

合計4人までラウンジに入室

できるので、

【家族全員】ラウンジに入室可能

【SFCの仕組み】:「スターアライアンスゴールド」にも同時になれる

「SFC」は海外で最も”威力”を発揮!

航空会社にはアライアンス”というエアライン連盟があり、

ANAは「スターアライアンス」に加盟

「SFC」になることで”ステータス”が

「スターアライアンス”ゴールド”」

になり、世界各国の空港で

スターアライアンス加盟の航空会社
  • 航空会社のラウンジ使用
  • 上級ステータス同様のサービス(優先搭乗など)

サービスをうけることができます!

【SFCの仕組み】:一度作っても「変更可能」(保持は1名につき1枚のみ)

冒頭でもお伝えした通り、ANAカードはかなりの種類があり、どれを「SFC」にするか迷ってしまいます…

発行(申請)後に

「こっちのカードにしておけばよかった」

となっても後でも、変更は可能です。

但し、”クレジットカード”ですので、あまりクレカを発行しすぎると

「審査落ち」するリスク

ありますので、ご注意ください。

では、そのクレカをみていきましょう

【ANAカード】①:大きく「3つ」のカテゴリーに分けられる(SFC)

ANAカード(SFC)には「大きく3種類」に分けられます。

  • 「一般カード」
  • 「ゴールカード」
  • 「プレミアムカード」

カード種類年間費(カッコは家族カード)】

カードの種類一般カードゴールカードプレミアム
VISA11,275円
(5,610円)
16,500円
(8,250円)
88,000円
(4,400円)
MASTER11,275円
(5,610円)
16,500円
(8,250円)
JCB11,275円
(5,610円)
16,500円
(8,250円)
77,000円
(4,400円)
AMEX34,100円
(17,050円)
165,000円
(4名無料)
ダイナーズ30,800円
(11,550円)
170,500円
(無料)

順番に特徴をみていきましょう

ANAカードの種類:「一般カード」

「一般カード」:年間費がもっとも安い

「維持費」がお得なカード。

このカードは、「200円につき1マイル」貯まるカードで

還元率「0.5%」

還元率「1.0%」まで高める方法もあり、□赤で囲っているところ

「移行手数料:6,600円(年間)」

を支払うことで、2倍マイル「還元率1.0%」まで高められます。

「移行手数料」は毎年かかるわけではなく、”移行時のみ支払い”すればよいです。

「一般カード」と「ゴールドカード」は実はあまり年間費が変わらない⁈

「移行手数料」を加入すると実は”ゴールカード”と

年間費「1,000円」しか変わりません

さらに、「年間費」を安くする”裏ワザもあります(後述します

ANAカードの種類:「ゴールドカード」

「ゴールドカード」:一般カードとプレミアムカードの中間

こちらのカードは「移行手数料無料」で、

還元率「1.0%」

になり、メイン決済カード」としてもおすすめです。(私もメイン決済カードの一つにしています)

ANAカードの種類:「ダイナーズ」(部類はゴールド)

「ダイナーズ」区分的には「ゴールカード」

しかし、年間費は他のゴールカードより高く、年間費

「30,800円」

このカードの最大のメリット国内/海外あわせて

「1,000カ所以上」の空港ラウンジが利用可

※但し、本人のみ

しかし、まだ気軽に旅行できる状況(特に海外)ではない為、”メリットは小さい”と思われます。

ANAカードの種類:「AMEXゴールカード」(部類はゴールド)

「AMEX版ゴールカード」:こちらの年間費はさらに高く

「34,100円」

アメックスゴールドカードの最大メリット

”家族カードを複数枚持てる

つまり、兄弟や父母にも「SFC」持たせることが可能なんです。

しかも、同居でなくても可能

家族カード1枚ごとに「年間費17,050円」かかります

ANAカードの種類:「プレミアムカード」

「プレミアムカード」年間費が高いクレカ。

もっとも高い「ANAダイナーズプレミアム」はなんと、年間費

「170,500円」

します…

メリットは「マイルが貯まりやすく」、還元率も

最大「1.5~1.85%」

高還元です。

しかし、年間費分の元を取る位の

「決済額の多い方

頻繁に飛行機に搭乗する方」

でないと、あまり”メリットは少ない”と言えるでしょう…

【ANAカード】②:おすすめは「ゴールカード」その理由は”年間費割引制度”の存在

多くのSFC会員が”保有していると思わるカード

VISA/Masterワイドゴールドカード

いくつかの理由があるのですが、中でも魅力的なのが・・・

「年間費の割引制度

これがあるからです。

”裏ワザ”年間費の割引は「マイペイすリボ」を利用する

【年間費”割引制度”の攻略方法

  1. 三井住友カード公式ページ(アプリ)”Vpass”に登録
  2. そこで「マイ・ペイすリボ」というリボ払いを年1回以上発生させる(1円以上でOK)

以上のことをするだけで、年間費

15,400円が→「11,550円」(3,850円割引)

まで「減額」されます。

【ANAカード改悪】マイペイすリボが改悪されました。あなたの次期「メインカードをご提案します!

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

【補足】ゴールドカードは「カードラウンジ」に入室可能

羽田空港のカードラウンジ

「ゴールカード」:全国の空港にある

カードラウンジ”に入室が可能

特に地方空港

ANAラウンジがない」

ことが多いので、重宝します。

カードラウンジは基本的に「ゴールドカード」を持っていると、入室できるのできるのですが

年間費約「10,000円弱」(裏ワザ使用後)で

ゴールドカードを保有できる

非常にコスパがいいと思います。

【ANAカード】③:あなたに”おすすめの1枚”はこれ!(SFC)

「目的」や「予算」などを考慮し、それぞれの

メリットを生かした保有

方法を、お伝えします。

”死蔵カード”なら「一般カード」

”SFC”を発行(申請)しても「カードを使う予定はない」という人は

「一般カード」がおすすめ!

ちなみ【年間費割引】の”裏ワザ”は、

「一般カードでも可能

になります。

”コスパ最強”「ゴールドカード」

理由は、お伝えした通りこちら↓

  • 年間費「割引制度」を使用すれば、お得なカード
  • 一般カードと年間費が、さほど変わらない(SFC)
  • カードラウンジも入室可能
  • ”ゴールドカード”を持っているという自己陶酔にも浸れる(笑)

迷っているなら

”このカード”

にしておけば間違いありません!

”とことんマイルを貯めたい人”「プレミアムカード」

ショッピングやフライトなど、マイルが”最も貯まりやすい”カード

「還元率」はなんと

「1.5~1.85%」

脅威的です。

但し、年間費がかなり高額なので、このカードを使い倒すには、

相応の「決済力」

必要かと思います。

【おまけ】”家族に複数SFC持たせたい”「AMEXゴールドカード」

このAMEXゴールドカード(プレミアムカード含む)のみ

家族カードを「複数枚発行」が可能

しかも同居している人”などの制限もない為、離れて暮らしている兄弟なども発行できます。

但し、その都度

年間費「17,050円」必要

まとめーANAマイルを”貯める”にはクレカ必須!ー

  • SFC会員は”プラチナステータス”と、ほぼ「同じ待遇」を受けられる
  • SFCは大きく「3つのカテゴリー」に分けられる
  • おすすめは「ワイドゴールドカード」
  • 家族も「SFC会員」になることが可能(家族カード)

「SFC」は一度取得してしまえば、年間費を支払続ける限り、一生保持することが可能

さらに、「スターアライアンスゴールド」にも同時になれるので

メリットは「大きい」です

メリットを知れば「SFC修行」してまで、取得したい”理由も納得できると思います。

ちなみに、スカイコイン”を使用することで

手出しほぼゼロ

「SFC」になれますよ!

あなたも「上級会員(SFC)」を目指してみませんか?

【ANAにも乗れる】驚異の「還元率1.5%マイレージプラスがおすすめ!詳しくは以下をご覧ください

404 NOT FOUND | burio今日の学び
Just another WordPress site

以上、参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました